61eumztqqzl

ロシアの人って、あったかい。どこまでもつづく絶景を眺めながら乗客たちとウォッカで乾杯!9000キロの果てなき大地を駆け抜ける列車の旅。 続き

コメント

女一匹シリーズの1作目。3作目のコメントを書いたので、ついでにこちらも。
私自身、ちょっとマイナーな場所へ旅行に出ることが多々あるのですが、シベリア鉄道の旅を選んだことはなく。ものすごく興味を惹かれて発売された当初に購入。
3作目と一緒で、シベリア鉄道に乗ってる間のコミックエッセイです。3作目と違うのは、観光はあくまで最初の部分でしか触れられておらず、あとはシベリア鉄道で出会った人たちとの触れ合いが描かれています。出会う人々の優しそうな雰囲気、出てくるご飯の美味しそうなこと、絵と文字も優しくて、ロシアには行ったことがないけれど、ロシアの優しさが溢れる一冊になってます。
あれから時間は経ちましたかが、今でも大好きな1冊です。

読者

6e3b8e7d e7bf 4949 8ebc 068bd919a300E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed467eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a014253d4 6080 4951 9119 24735184a6963541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50 10人

織田博子の本

女一匹シルクロードの旅

女一匹シルクロードの旅

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

女一匹シリーズ2作目。1作目で、織田さんの絵と文章が大好きになり、2作目も発売されてすぐに購入しました笑 本作は、中国からトルコまで渡り歩く様子が描かれています。女一匹シリーズ全てに言えることですが、観光地を紹介しているのではなく、そこで出会った食べ物や人々を切り抜いていているので、どこどこの観光地が有名とかはあまり分かりません笑 でも、その場その場で体験する公共のお風呂とか、その地独特の食べ方とかそういう文化を教えてくれます。 そして何より、人の暖かさに一番焦点が当てられています。私が好きなのはカザフスタンで出会う人々。あとがきにも書いてありますが、言葉がわからないはずなのに普通にコミュニケーションを取っていたそうで、本当に楽しそうな絵が並びます。 それぞれの国にとても優しい印象が伺えて、いつか行ってみたいなって心から思える作品です。

11か月前

女一匹冬のシベリア鉄道の旅

女一匹冬のシベリア鉄道の旅

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

女一匹シリーズ3作目。1作目から好きで、いつの間にか新作が出ていて、慌てて購入しました笑 1作目と変わり、今度は日本から電車と船とシベリア鉄道を乗り継いで、首都モスクワへ向かいます。計3週間にも及ぶ旅の様子が、1冊にまとめられています。 1作目との大きな違いは、シベリア鉄道で途中下車をするところ。度々途中下車し、ロシア観光を楽しんだり、現地の人たちと触れ合ったりされています。特に素敵だと思ったのは、ロシアのおばあちゃんアイドルグループに会いに行くところ!おばあちゃん達も素敵で格好いいんですが、そこで出会う家族が素敵すぎる。 ロシア人って今までの人生で出会ったことなくて、何となく冷たいイメージが強いんですが、このシリーズを読んでからは、いつかシベリア鉄道に、いつかロシアに行きたいと思ってます。ご飯美味しそうだし!笑

11か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69618cf8b0a 4280 4bf2 bb9f 5f61d13f9c19