519ewzskjrl

可愛くないけどモテたいし、頭の中はエロい妄想でいっぱい。絶望と欲望の狭間で、私は「女をこじらせ」、気がつけば職業・AVライターに。過剰な自意識と恋愛欲と性... 続き

コメント

2018/6/5読了
自己肯定感が低い人だったんだろうなぁと思う。
ーーもう生きていくのつらいからお願い生まれ変わったら石とかにしてくんないかな⁉︎(P232)
この一文とか完全に落ちてる時の自分の思考と酷似してて読んでてきつかった。久保ミツロウとの対談も収録されてるんだけど、それ読んでも久保ミツロウには自己肯定感があるからこじらせ発言しててもネタだと思えるし痛くないんだけど、雨宮まみの発言はきつい。とても他人とは思えなかった。

周りから「まさにこじらせ女子」と呼ばれてるからタイトル見て読まずにはいられなかった。そしたら内容がどエロでびっくりした。え、こじらせってエロってことなの!?って前半はあっけにとられるのとぶっちゃけちょっとひくのとあと正直(うわぁ私やっぱ恋愛経験値低いわ…)と悲しく思うのとでいっぱいいっぱいだったけど、まぁたしかに、根本が!!こじらせとは!!該当しておる!!と思って納得した。

とりあえず集団行動が苦手な私も、会社辞めてフリーになって、肌荒れと心の病を治したいです。

書くことが好きなら、書き続ければいいんだね。私も頑張る。

自分に自信が持てないのは、自分だけじゃないんだって思えた本

勝手に貼られた「女」という名のラベル。一生逃げられないそのラベルに向き合い、振り回され、迷走してたくさん傷つく雨宮まみさんは、まるで村田沙耶香さんの小説の主人公のよう。フィクションのような自伝でした。

女性と被虐待児の内面には共通点がみられるって、本で読んだ記憶があります。
なぜなら、承認されないと生命が脅かされる立場だから。そう思うとこじれるのも仕方ない。「たかが女子」とか言えない。命かかってるんだもの。
早い段階から男性目線を内面化してしまったことが「こじらせ」のはじまりだったということでしたが、生まれつき危機感が強い方なんだろうな〜という気がする。ものすごい行動力と内省力だし。

他者の価値観を内面化してしまうと、本当に自分が求めてるものとの矛盾に苦しむ、というメッセージがたいへん身につまされました。

雨宮まみさんの文章はどれも優しいですね。真面目で、繊細で、人に気を使っちゃう方なんだろうなって、伝わってきます。
ぜんぜん圧力や押し付けがなくて、傷ついた人にしか書けない優しさだとも思います。
Webでやってた愚痴聞き企画が好きでした。ご冥福をお祈りします。

思春期から今に至るまで胸にあったモヤモヤに、「こじらせ」という名前をつけてくれてありがとう。

オシャレをする資格がないと思っていた雨宮さんが、ヒョウ柄のミニスカートを履くシーンが好き。「これがやりたかったんだ」と霧が晴れるのが気持ちいい。

巻末の久保ミツロウさんとの対談もま〜面白いこと限りなし。「年度末決算みたいな告白」とか名フレーズの宝庫です。

何となく感じていたことが筆者の力でズバズバと言葉になっていくこの感覚、読書体験の中で1番好き。

男子とか女子とか関係なく、コンプレックスを持ち自意識をこじらせた全ての人に届くといいと思う

読者

9e2da8fa 2ef2 4f74 8551 3c2d4f217979Icon user placeholderF67b0337 3c76 482d 8900 cd853b96052cIcon user placeholder2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c924a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c21c8c7f8 6f0a 496f bc08 24248e0dec71 38人

雨宮まみの本

タカラヅカ・ハンドブック

タカラヅカ・ハンドブック

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/2/1読了 宝塚には今まで何故か一度も観に行く機会がなくて、すごく興味はあるのにハマるきっかけがないので、ハマった側の人がどういう感じになるのかと読んでみた。薄いのですぐ読めます。はるな檸檬さんの本も読みたくなった。

9か月前

ずっと独身でいるつもり?

ずっと独身でいるつもり?

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

結婚したいけどできない独身の人、 結婚したくない独身の人、 結婚したいかわからない独身の人、 結婚したくないけど結婚した人、 結婚したくて結婚した人、 結婚したいかわからないけど結婚した人、 すべてに気を使って書いた文だと感じました。 雨宮まみさんつくづく、見てて痛々しいほど気遣い屋さんで優しい人。 まみさんとなら私結婚できると思う。(性別はこの際無視で) 社会に認められた「一生いっしょにいる」の形が少なすぎるし、王道プラン「結婚」は納得できないことが多いし、納得できないことには賛成できないし、なんだかなあと一人さみしく思うのでした。 媒体がマイナビニュースだからか、あまり深く突っ込んでない。 濃いのを読みたい人はあれっ?てなるかもしれません。

11か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7118d7970 3cc2 4db9 831c 045461a93c14Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a
だって、女子だもん!!: 雨宮まみ対談集

だって、女子だもん!!: 雨宮まみ対談集

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

こじらせてる人って面白い人が多いと思うんです。めんどくさい人でもあるんだろうけど。 そんな、おもしろめんどくさい、愛すべき人々の対談集。 ためになった部分や共感できる部分がたくさんありますが、一番すごいのは、このアクの強いメンバーの良いところを引き出して、愛せるなぁ素敵だなぁって思わせつつ読者にも共感させる、雨宮まみさんのコントロール力というか包容力。

11か月前

愛と欲望の雑談

愛と欲望の雑談

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「欲望自体が他者の欲望の内面化」「身体性にすごく弱いから体験主義に弱すぎる」「恋愛とか結婚とかしたくなければしなくてもいいけどはっきりしたくないわけでもないのが難しい」「独身でも福山さんは楽しそうに暮らしていることがみんなの希望だった」等々金言!

1年前

Icon user placeholder4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 23