Btn appstore Btn googleplay
21wk6h0yx4l

コメント

不撓不屈。

読者

Ace3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1c3e2b8c6c fc82 4208 8c8c 8a8d5f773fce

文庫

アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を

Icon user placeholder

時々読みます

チャーリィは脳手術により念願の知性を獲得していくものの、同時に過去の様々な記憶が蘇り、残酷な真実やトラウマにも直面していく。知能の発達がピークに達した頃には当初の謙虚さは失われ、傲慢な態度により周囲からも孤立していくが、手術の効果は一時的なもので次第に元のチャーリィへと戻っていく。 日記様で書かれているため、主人公の成長の軌跡やら切迫感(?)やらが直接伝わってきて引き込まれます。知性とは何か、幸福とは何か色々と考えさせられます。

2日前

92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f5D46ed159 606e 4e18 a80f 863d702ef0faAa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696 207