51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

心理学の印象が変わった本。掘り下げるとここまで自分の人生を見つめ直せるきっかけになるのかと驚いた。人生が(これまでもこれからも)心なしか違う視点から明るく見える書だった。

仕事に打ち込む、過去を語る、特別であろうとする。全ては嫌われまいとする嘘。

目からウロコの考えがわんさかだった。実践するのは大変だけれど、必ず変わると思える。大いなる勇気と人生の新たな視点を与えてくれる本。

アドラー心理学、面白かった。何かことを起こして小さく後悔したり、至らなさに気づいた時、「自分はそうしたかったんだな」「何でそうしたかったんだろう」と考えるようになりました。

こういうのに頼っちゃダメ。人に言われて読んだけど、自立してない人向け。こんなのいずれ分かるし、葛藤してこそ人間。

恥ずかしながら、この本で初めてアドラー知りました。
タイトルは過激だけど内容は、とても良かった。この本を読んだ後何冊かのアドラー本読んだが、この本は、ベストの一冊。

「人間の悩みは全て対人関係にある」

その言葉に感銘を受け、あっという間に読み終えてしまった。

対話形式なのが面白く、すっと頭に入る。

ソクラテスの伝記も対話形式だったとか?なんとか。よくわからないけど、西洋で昔流行った書き方らしい。

この本には、人生を根底から覆し、新たな世界へと導く術が書いてある。

この本を買うか買わないかで迷うのならば、買うのをお勧めする。

それが、「アドラー心理学と出会うべくしてであった」こととなる。

とても良かった!アドラー心理学についてもっと知りたくなったし、読み終わった後にタイトルの「嫌われる勇気」に納得

「他人の課題まで、あなたが抱え込むことはないんだ」
後ろめたさの範囲の置き方で、ちょっと楽になれるかもしれないなって

すべての悩みは人間関係のもとに成り立っている。
人を変えるのではなく、自分が変わる。

「もしも〜」「だって〜」にとらわれて生きづらくなる人への生きる指針。
それに限らず、自分の弱さと誤魔化しに、気付かせてくれる考え方。
学問的というよりも極めて実践的。

自分が本当にやりたいことは何か、ちゃんと考えようって思った。人間は流されやすいし、思い込みで損してることも多いのかも。

人=相手がいなきゃ悩まない。
そりゃそうだ。と目からポロポロ鱗な本。

SNSが流行ったからこそ流行った本なのだと思った。
つながりを大切にしすぎて疲れる人にはオススメ。

一線を画す一冊。トラウマを採用せず、今をどう生きるかを説く素敵な一冊。

アドラー本はいろいろあるけれどこれが一押し。なかなかそうもいかないよと思うところはあれど、思想を理解しやすい

過去にとらわれない、未来を常に信じる事が大切だということです。

読者

43b35f9c 0282 42cc b82d 196ec685b66fIcon user placeholderIcon user placeholderA44b76da 93a8 4762 b65d 75360242e4ddIcon user placeholder4f843edc 0889 45ff a7f0 10b7d57b1ffeB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fIcon user placeholder 425人

岸見一郎の本