51etfntf1ol

発行元から

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な"答え"を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう-。

目次

第1夜 トラウマを否定せよ(知られざる「第三の巨頭」
なぜ「人は変われる」なのか ほか)
第2夜 すべての悩みは対人関係(なぜ自分のことが嫌いなのか
すべての悩みは「対人関係の悩み」である ほか)
第3夜 他者の課題を切り捨てる(承認欲求を否定する
「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない ほか)
第4夜 世界の中心はどこにあるか(個人心理学と全体論
対人関係のゴールは「共同体感覚」 ほか)
第5夜 「いま、ここ」を真剣に生きる(過剰な自意識が、自分にブレーキをかける
自己肯定ではなく、自己受容 ほか)

岸見一郎の本

(166)本をどう読むか: 幸せになる読書術

(166)本をどう読むか: 幸せになる読書術

26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e

ナオテン

30にして読書に目覚める。

本をどのように読むのか、その姿勢はどう生きるのかに関わる。 本を読むという事を、考える姿勢が変わりました。 アドラーの心理学の視点で残りの人生の読書についても書かれていて、とても穏やかになりました。

3か月前

Icon user placeholderE8df0f32 020b 4479 a1cf 66567db3e954Cba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5b
アドラーをじっくり読む

アドラーをじっくり読む

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

「嫌われる勇気」の読後すぐに、図書館で見つけて読みました。疑問点や教育に関する内容の理解が深まった。

約2年前

Icon user placeholder453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2