Btn appstore Btn googleplay
51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

100冊自己啓発書を読む前にとりあえずの1冊。

簡単な言葉でかつまるで自分が一体化されて対話しているように書かれていて飲み込みやすい内容です。

多くの自己啓発書を読み前にまず世界を見るフィルターを[いま]の自分が持っていないと振り回せてしまうと思います。

そのフィルターが自分の世界観なのですから。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

エヴァンゲリオンみたいな話だった。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderA1db962e dcd5 4b3c a3cb 41158eb4e2a8Icon user placeholderD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Icon user placeholderIcon user placeholder694abcc5 c0eb 4502 a0fb fa93dee7dd83 785人

岸見一郎の本

アドラーをじっくり読む

アドラーをじっくり読む

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

「嫌われる勇気」の読後すぐに、図書館で見つけて読みました。疑問点や教育に関する内容の理解が深まった。

約2年前

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2