51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

2016.11.23
アドラー心理学。対話形式で読みやすい。
過去を悔やんでも仕方ないし、未来を悲観しても仕方ない。「いま、ここ」を真剣に生きること。
自由に生きましょう。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

心理学の印象が変わった本。掘り下げるとここまで自分の人生を見つめ直せるきっかけになるのかと驚いた。人生が(これまでもこれからも)心なしか違う視点から明るく見える書だった。

読者

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a578b0480 8618 4148 9b7a f53836b27991Ffd99fcb 13c8 4707 817a ceedaa25c6d328ffa703 2c5c 4df5 8fee 38dde82843d5D02e35f6 3567 46e3 94d3 facc86d78624F4fd3bb0 c0cc 4ca9 b785 0546b6f08c767df3fa51 c258 43fa b725 e277cac30c464d90767a ab6c 4de2 bfe9 517c4a049fac 506人

岸見一郎の本