51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

理由なんて後付け。人は平等ではないけど、対等。それだけで物事の本質が見えてくる気がする。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

心理学の印象が変わった本。掘り下げるとここまで自分の人生を見つめ直せるきっかけになるのかと驚いた。人生が(これまでもこれからも)心なしか違う視点から明るく見える書だった。

読者

43b35f9c 0282 42cc b82d 196ec685b66fIcon user placeholderIcon user placeholderA44b76da 93a8 4762 b65d 75360242e4ddIcon user placeholder4f843edc 0889 45ff a7f0 10b7d57b1ffeB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fIcon user placeholder 424人

岸見一郎の本