51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

心理学の印象が変わった本。掘り下げるとここまで自分の人生を見つめ直せるきっかけになるのかと驚いた。人生が(これまでもこれからも)心なしか違う視点から明るく見える書だった。

読者

0bc3d000 5055 44b7 9834 6b034157cd6689126c36 52bc 4597 b8f1 3c6735e7caf92c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholderBe0e464b 877d 45aa 9cf9 41ce60aa9469PictureBc5f728c 3123 480b a670 ba99fe2a8137 332人

岸見一郎の本