51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

生き方についてシンプルな答えを提示してくれるような本で、自分の発想にはなかった物事の捉え方が多く勉強になります。ただ、すぐに実践できるかというとピンとこないところがあり、途中で読む手が止まっています。。私には合わないのか前提知識の問題なのか、、またきっかけがあれば読み直します。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

心理学の印象が変わった本。掘り下げるとここまで自分の人生を見つめ直せるきっかけになるのかと驚いた。人生が(これまでもこれからも)心なしか違う視点から明るく見える書だった。

読者

960349fa 228d 4d50 96a3 22c051c06b98F9b4823c f316 453e 8580 8731c383dcfeB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b7026539977d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a45a1780f9 adda 4530 969c d2bf5236c9139e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464563d35c1 cd84 442e bc22 abfd54b1af185e3a733c dc2e 4da1 acee b4090f6b569d 340人

岸見一郎の本