51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

衝撃的な本でした。
これからの生きる教科書にしたいと思います。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

読者

Icon user placeholder57e07668 45d0 4145 98ce 83e6a0146205Icon user placeholder5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b727d3528c ae7d 409a 9a01 235e91d807f0Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 652人

岸見一郎の本