51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

馬を水辺に連れて行く事はできても水を飲ませる事は出来ない。
結果はどうあれ、まず自分がやれることはちゃんとやらないとな、とこの言葉が一番ささりました。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

心理学の印象が変わった本。掘り下げるとここまで自分の人生を見つめ直せるきっかけになるのかと驚いた。人生が(これまでもこれからも)心なしか違う視点から明るく見える書だった。

読者

Icon user placeholder5c738d69 3cec 4a4f ab36 b155dc79bc7bD78012de ed7f 4a80 abd1 820751e41a9dF4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbf0b7e7219 50ad 4fac a914 6e2bd0b380cf1dbd80e6 b601 406d b3fc b3dc7599dc8c7fffd6ec 584e 479c 82de 796a4493b3bb1e949b17 abe2 4a8e a7f6 21d75e6e870e 596人

岸見一郎の本