Btn appstore Btn googleplay
51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

今の時代に受け入れられる本だと感じた。

格差が拡がり、働いても働いても経済的な成長を実感できず、他者と比較して自信を失う人が多くなってる時代に。

他者の課題と自分の課題を切り分ける。
この本を読と自分を見つめ直し、勇気を貰えると思う。

ただ、気になるのは、自分の全てを無条件に受け入れる様な感じであること。
人は自分の行いを見つめ直し、問題点を見つけ、日々成長するものだも思うのだが、アドラー心理学からすると、全てに於いて問題ない。となる。それは成長を否定するようにも受け止められる。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

エヴァンゲリオンみたいな話だった。

読者

D6f2fc60 0ea1 486d a1d1 6f7901b25900Icon user placeholderIcon user placeholderDb65aad3 165c 4dd2 accb d5243cc1b558E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eeeIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 863人

岸見一郎の本

(166)本をどう読むか: 幸せになる読書術

(166)本をどう読むか: 幸せになる読書術

26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e

ナオテン

30にして読書に目覚める。

本をどのように読むのか、その姿勢はどう生きるのかに関わる。 本を読むという事を、考える姿勢が変わりました。 アドラーの心理学の視点で残りの人生の読書についても書かれていて、とても穏やかになりました。

3か月前

Icon user placeholderE8df0f32 020b 4479 a1cf 66567db3e954Cba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5b
アドラーをじっくり読む

アドラーをじっくり読む

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

「嫌われる勇気」の読後すぐに、図書館で見つけて読みました。疑問点や教育に関する内容の理解が深まった。

約2年前

Icon user placeholder453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2