51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

今の時代に受け入れられる本だと感じた。

格差が拡がり、働いても働いても経済的な成長を実感できず、他者と比較して自信を失う人が多くなってる時代に。

他者の課題と自分の課題を切り分ける。
この本を読と自分を見つめ直し、勇気を貰えると思う。

ただ、気になるのは、自分の全てを無条件に受け入れる様な感じであること。
人は自分の行いを見つめ直し、問題点を見つけ、日々成長するものだも思うのだが、アドラー心理学からすると、全てに於いて問題ない。となる。それは成長を否定するようにも受け止められる。

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

読者

Icon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholder81741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c672D4f02b1f 8855 48f1 a3f2 c12ad08c9a07Icon user placeholderBcc61cef deb5 42bb ae60 0398b297f822Cc9b5c08 5451 460c 858c 3dbc7afedce3 717人

岸見一郎の本