51etfntf1ol

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用い... 続き

コメント

その他のコメント

目からウロコの考え方が溢れていて、ちょうど悩んでたときに手にとった本だったので、前向きにいくパワーをもらいました。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder06054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3b005bb929 b288 426c b48a adce95c0a5d8Febefc40 ef45 41b4 9426 4e23f3a881c352e7e177 750c 4c6f ac2d c37208355664E82ac6dd 6bc5 4eb2 928b 9c007229c759980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14 674人

岸見一郎の本