41any5ddt7l

コメント

その他のコメント

子供の境遇別に著者のカウンセング経験を踏まえつつ、平易な文でわかりやすくまとめられている

読者

52e7e177 750c 4c6f ac2d c37208355664C369da62 a91c 48f0 81e9 d38ee893f278Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholder6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d16b931060 e977 4625 9c5e 1280a97762fc7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 9人

文庫

停電の夜に

停電の夜に

9d6a0c60 0fa0 4257 8de8 1ef453a4327a

fuchosu0703

機械工学科

作者はインドにルーツを持つ、1967年イギリス生まれアメリカ育ち。話もインド国内の話だけでなく、作者と似たような境遇の人が多く出てくる。 どの話も人が決意した時の、スッキリした気持ちを味わうことができる。例えば別れの時。いくつかの季節の間続いた関係が、ふとしたきっかけで終わる。そんなとき、意外とどうでもいい理由で納得できるものだ、ということを思い出させてくれる。

1日前

Abc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597Be95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cb04917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c 25
イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa3

astro

頭の中は自由だよね。

イリイチのの死では死への感情の動きがよくわかりました。最期にどう振る舞うべきか考えないといけませんね。クロイツェルソナタ では人間の欲や誰しもが隠してる一面について書かれており、どの時代も本質は変わらないのかもと思わされました。

2日前

4d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fbA9a32416 732b 4ca3 9502 561a460f99583af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 8