41ogx%2b3ojtl

コメント

2018/8/15読了
映画を映画館で観るのが好きだ。
吹き替えよりも字幕で観る方がより好きだ。
そんなわけで、字幕を付けてくれている翻訳者の方々の仕事に少なからず興味があったのだけど、この本は新書なので映画翻訳の基本的なことは押さえつつ、字幕の仕事現場で様々な立場でのアプローチ、「言葉」に対する拘りや発注者側からの意図的な改変などに納得しきれない現実なども書いてあって、どんな仕事も悩みは尽きないんだなーと面白く読みました。

その他のコメント

普段なかなか知ることのできない映画字幕翻訳の仕事について語った本。
仕事柄私も文字数制限や、いかに分かりやすく瞬発的に伝わる文章を書くか求められるので大変参考になる。

字幕屋さんの裏話。
映画で具体的に紹介してくれるので、苦労話を笑いながら読めました。
文章において、助詞とか気にしないで勢いで書いている私には耳の痛い話もチラホラ。反省です。
技術の進歩はあれど、異国文化のニュアンスをうまく伝えるのはやはり翻訳家さんの技量だと思います。
映画は字幕派です。厳しい制約の中で時間と戦いながら、字幕を作っている皆様に感謝。

読者

D59b3adb 2ab9 420d 9ed0 8dd4e62a56b662f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Icon user placeholderEdd4dd46 50d5 4ca7 a0bd 485a7e7e2e57Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 37人

新書