51325jzbcfl

本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋... 続き

コメント

その他のコメント

こんな作品を求めてました。
強く受け取る部分に
個人の人生経験が反映されていそう。

わたしはサビナが一番近い。存在の軽さに時として憂鬱になります。強く惹かれる大きな作品。20歳の小娘には大きすぎました。

恋愛小説?いや、人生についての小説だと思う。面白くて哀しい。

読者

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c95e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 34人

ミラン・クンデラの本

冗談

冗談

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

高校のときクンデラに出会って、初めて世界文学を知った。著者が自ら改稿したフランス語決定版からの新訳。

3年前

799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e