51n6dpu8shl

群れるな。孤独を選べ。 孤独はただの寂しさじゃない。 孤独こそ人間が強烈に生きるバネだ。 たったひとりのきみに贈る 激しく優しいメッセージ。 岡... 続き

コメント

-- 制約されるからこそ、内にたぎり、反逆する --
彼はふつうのなりをする。現代を受け入れつつそれをはね返すために。

うまく言えないけど、無目的的であるとか無意味だとか無価値とかそういう「無」とつくものはそう悪いものではなく、むしろその逆よりも本質的で純粋なのだなと思った。

岡本太郎はペットという表現が嫌いだという。彼は一時期カラスと一緒に暮らしていた。(飼っていたのではない)
そのカラスにウイスキーの水割りを与えたらそのカラスが酔っ払ったというエピソードは笑った。

芸術とか哲学とか思想なんて、みんな孤独が生み出した果実。寂しいということは生きがいを見つける素晴らしいきっかけ。いずれあるものならば、いまかならずある。いまないものなら、将来にも、ぜったいに、ない。とにかくマイナスだ、危険だと思われる方に飛び込んでしまうことにきめた。そうすると生命がパッとひらく。生きる面ばかりに執着しちゃうが、死ぬことには目を背けたがる。生きてきた以上、死ぬことにかけなきゃいけない。自分を積極的に主張することが、じつは自分を捨ててさらに大きなものにかけることになる。だから猛烈に自分を強くし、するどくし、責任をとって問題を進めていくべし。自分を無にしてヘイヘイするという謙遜の美徳は既に美徳ではない。

個性的な風貌と言動の人物の本。
読むと力強さと純粋さが溢れていて私の主観を申し訳なく感じてしまう。

この才能が近くにいたら飲み込まれそうだなぁ。
作品を見るだけでも伝わってくる熱量はきっと本人が太陽のような強さがあるからなのかなと感じる。

読者

Cbebb611 c465 48fb a1bc 86d339b80652Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb97edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d57d0aadd2 a95e 4663 a46e 3453c4b3402aF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 12人

岡本太郎の本

芸術と青春

芸術と青春

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

異性がただの憧れや羞恥感の対象であり、謎である限り、私は決して自由ではあり得ないし、人生や芸術の真の姿を結局は知ることができない。異性を恐れぬこと、謎を解くこと。それが人生の深みに入る第一歩。薄く紅をとかしたような雰囲気。モンマルトルは不夜城。夜中2時から始まる映画もある。

8か月前

C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00182d3e6d a64a 4126 8f16 670bbdfab2d8
自分の中に毒を持て<新装版>

自分の中に毒を持て<新装版>

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

日本の学生は甘やかされていて、学生時代に人生の勉強や、ほんとに自分が勉強したい事を勉強しない。 人生は積み重ねじゃなくて、積みこわしだからどんどん今までのものを捨てていけ。

約1年前

1a7aa297 acc0 43ef bf12 af61953575cd3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8
自分の中に孤独を抱け

自分の中に孤独を抱け

F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86

yuki

孤独と向き合い続けることの大切さを説く、著者の言葉は色褪せない。 「自分の意思やプライドを捨て、代わって架空の場所で代用の生きがいにうつつをぬかしている。そんなことで自分をごまかすなんてむなしいだけだ。」

2年前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696907a996d 9c7a 4e8c ac62 77c43e428217Icon user placeholder 8