51nio3fhzzl

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を追う。心を揺さぶ... 続き

コメント

日本の警察小説でここまでのものは久しぶりの素晴らしい作品。
読んでよかった。

広島が舞台ということもあり初めて読んだハードボイルド警察小説。最後まで読んで行くとタイトルの意味に納得。あれ?結局彼らの運命をああいう風にしたのはあの人じゃん。そう考えて読めば北斗の拳だし、ラストは映画キングズマンを彷彿とさせた。

読者

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6eeIcon user placeholder9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d289ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b6662c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c2965234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192 7人

柚月裕子の本

検事の本懐

検事の本懐

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6

Matsuyo horikoshi

本好き

検事の使命を先に読んでしまったので、「本懐を知る」の章は先が読めてしまったが、他は一気に読んだほど、面白かった。佐方検事のファンである。

5日前

検事の死命

検事の死命

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6

Matsuyo horikoshi

本好き

初めての柚月ワールド 短編がそれぞれがリンクしていて どれも読ませる。 面白かった。 佐方検事 、筒井検事好きですね。 秋霜烈日 要です。

21日前

孤狼の血

孤狼の血

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

映画化されてかなり話題になってたこともあり手にとってみた。昭和60年代の広島の架空の都市を舞台に暴力団どおしの全面戦争をなんとか防ごうとする刑事達の活動を描いた作品。刑事になりたての若手が配属されたのはヤクザとの癒着が噂される刑事。誰よりも実績を上げているが誰よりも譴責をくらっているこの男、確かに違法捜査や特定のヤクザとの結託や金銭の受け取りまでやっている…しかし、という話。これだけだとよくある設定なのだけどそこは少しひねってあって後半の意外な展開が見事。なによりの驚きはこのゴリゴリの作品が深作欣二の一連のヤクザもの映画に影響を受けた女性作家が書いたもの、というところ。凄い作家がいたものだ。他の作品も読んでみたいと思った。

4か月前

C424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a09667Icon user placeholder607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623 15
猫が見ていた

猫が見ていた

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

猫題材の本は手が伸びてしまうよね。 猫が少し離れた位置にいたり、近い位置にいたり、と完全に猫が主役というわけでもなく、猫の位置関係がそれぞれの作者によって違い、面白かった。 「吾輩も猫である」とは逆である。 2018.5

6か月前

B79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559dD4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c148 19