Btn appstore Btn googleplay
51aebsliphl

東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。4人は友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。一... 続き

コメント

自慰から芽生える自意識の話。下世話なテーマなのにまったく下卑ておらず、崇高さすら漂っているのは、さすが山田詠美と感心しきるほかない。

その他のコメント

軽やかな好きよ嫌いよ誰と寝る寝ない、それらすべて学問、答えがあるわ

欲求に素直に、日々を全うすることが「学問」。人はそうして自分の人生にとっての"いいもの"を学ぶらしい。

読者

8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac191900a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd1043fba9de 306f 4619 a425 e02e6f1e91fc5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c8642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f47afc49fd 4299 4bf6 8c4e a0e5167998fc 19人

山田詠美の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

3か月前

6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82fF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d 20
つみびと

つみびと

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

山田詠美さんの作品とは毛色が違うとよく言われますが 私はあー、これを書いてくれたんだ。と思いました。 共感出来ない人がほとんどだと思う。 だけど、ボタンかけ違えたら自分だったかもしれない。 何かのせいにしてはいけないけれど、何かのおかげで無事に子供を育ててこられたんだと思う。 そこを忘れちゃいけないし。 人間の中にある甘えや、緩みがえがかれていて 読んで良かったです。

7か月前

1a347313 3a9f 43fc a0c9 8fddcf39bd626851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 20