51oklvkru1l

コメント

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

読者

E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 44人

角田光代の本

拳の先

拳の先

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

小さなボクシングジムにて、葛藤や不安、決意などが行き交う。 その中でも花形選手の立花と、彼に憧れるいじめられっ子のノンちゃんの関係がいい。 圧倒的に強かった選手との試合後に、階級を変えることを決断した立花に、それって逃げるってこと?と問いかけるノンちゃん。 そうだよ、逃げるんだ。 負けたから? うん、負けたから逃げるんだ。 もしそこに、自分の居場所がないと思ったら、他に行ってもいいんだよ。もっとおもしろそうなところがあれば、そこに行くのは全然悪いことじゃない。 それを逃げるって言う人もいるかもな。 でも言い方を変えれば見つけに行くってことでもあるだろ。自分が入られて面白いって思える場所を見つけに行く。そう考えたら、あまりずるい気もしないんじゃない? 立花に魅せられる。

26日前

空の拳

空の拳

Icon user placeholder

ボクシングをすること。みること。トレーナーの役割。負ける意味。続ける意味。つよさとは。

2か月前

23f98d4a 80ab 49b3 9968 785dcb328dca151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241