412p6abq48l

弟はいつでも、この完璧な土曜日の記憶の中にいる-病に冒された弟と姉との時間を描く表題作、海燕新人文学賞受賞作「揚羽蝶が壊れる時」に、第二作品集「冷めない紅... 続き

コメント

2018年58冊目。ちくちくちくちく、ちくちく…。ゆるやかな絶望感。/ 20180327

その他のコメント

小川洋子初期作品。ひそやかという言葉がホントに似合う。他は揚羽蝶が壊れる時、冷めない紅茶、ダイヴィング・プール、題名からも香り立つ。

『ダイヴィング・プール』のショックが大きかった。主人公の内面を、その人の密やかな罪やちょっとふしぎな自己慰安によって、ぼんやりと暗ーく描き出す感じ。
(これはこの作品に限ったことではないですが。)

小川洋子の小説は静かだなあ。やさしいのに残酷です。

読者

A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5Icon user placeholder77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c82f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc39a5c57b 21e2 4ea5 919b 7cb7bdcbf9e32ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd 10人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約1か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

2か月前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f 8