51d9tc2junl

発行元から

「宝くじで1億円当たったら……」。
こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。
果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」
「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」
「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。
いずれも、何となく"やばいこと"になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。
こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。
グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。
誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。
でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?
みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

本書で紹介するのは、「結婚」「マイホーム購入」「進路」といった、自分の意思で決められる選択だけではありません。
「宝くじ当選」のような受動的な選択も含まれます。
それはそれで、その末路を知っておくことは、思わぬ幸運(不運)が舞い込んだ際の心構えになると思います。
いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

≪主な内容≫
宝くじで1億円当たった人の末路/事故物件借りちゃった人の末路/キラキラネームの人の末路/
「友達ゼロ」の人の末路/子供を作らなかった人の末路/賃貸派の末路/
自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路/電車で「中ほど」まで進まない人の末路/
外国人観光客が嫌いな人の末路/8時間以上寝る人の末路/体が硬い人の末路/
ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路…など、多様な「末路」を23本収録!

目次

はじめに

【第1章】 やらかした人の末路
・宝くじで1億円当たった人の末路
・事故物件を借りちゃった人の末路
・キラキラネームの人の末路

【第2章】 孤独な人の末路
・「友達ゼロ」の人の末路
・子供を作らなかった人の末路
・教育費貧乏な家庭の末路
・賃貸派の末路

【第3章】 逃げた人の末路
・自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
・留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路
・「疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい」と思った人の末路

【第4章】 変わった人の末路
・電車で「中ほど」まで進まない人の末路
・グロい漫画」が好きな人の末路
・外国人観光客が嫌いな人の末路

【第5章】 怠惰な人の末路
・癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路
・8時間以上寝る人の末路
・いつも不機嫌そうな上司の末路
・体が硬い人の末路

【第6章】 時代遅れな企業の末路
・禁煙にしない店の末路
・日本一顧客思いのクリーニング店の末路
・リモコン発見器の末路

【第7章】 仕事人間の末路
・ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路
・ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路2
・男の末路
・アジアの路上生活障害者の末路

おわりに

ビジネス

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

798e985e 759d 4cc5 9229 d6ff9a995733

ぺく

大学生です。

読書術の本。 読むのは2回目だけど、時間を置いたのと、樺沢さんの本を読んでから読んだということもあって、スーッと読めた。 【読書によって】 やり方の試行錯誤に時間や労力を使うのではなく、結果を出すために使うことができる。 おなじテーマについて5冊ほど読めば、自分なりの原理原則が見えてくる。 大量の情報を取り入れつつ、主体的に取捨選択する。→判断力、思考力up 【選び方】 目的を持って やさしい本 理論より経験(がわかりやすい) 同じジャンルの本を複数 口コミとかメルマガもある。 迷ったら買う。 【読み方】 目的を明確化→カラーバス効果(ボルボに乗るようになった途端、街行くボルボが目に入るようになる)つまり、意識すれば、その情報に目が止まりやすい。 習慣に組み込む、 朝がオススメ←その日に実践できる。寝る前だと脳が興奮する。 制限時間を設ける(1時間程度) 重要ポイントは一冊のうち2割 80対20の法則(リターンの80%は20パーセントを読めば得られる。) 一冊を俯瞰する(著者、、本の袖、前書き、目次、あとがき) 【メモを作る】 メモを作り、それを刷り込み、実践して、自分なりにアレンジしていく。洗練 線を引く とても重要なとこには⭐️マーク ページの角を折っておくこと! 余白に書き込む。(自分だったらどうするかをシミュレーション) 線を引いた場所をメモにまとめていく。 メモを繰り返し読む。→自分に馴染む メモを作れば本はお茶の葉、処分する。 エッセンスを搾り取る。 きれいなままで数ヶ月後に忘れてしまうより、線を引いたり折ったり、書き込んだりして、自分の中に落とし込んでいく方が良い。 知ってるとできるには大きな溝がある。それを埋めるのが経験。 メモから得られる知識を実践することが大事。そうして条件反射的にできるようになる。

2日前

B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767Icon user placeholder8d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788 101
世界の仕組みを物理学で知る

世界の仕組みを物理学で知る

C5fbd4c8 2e88 4b15 9411 a45874df54af

TOMO

Book

分かりやすく物理学を説明した本。 最後の、ジョン・ホイーラーの「人間が宇宙を観測したから、この宇宙が存在できるようになった」のコメントが印象的。 観測/記録、が存在を示す、思考を示す唯一の手段だとするとたしかに。 存在し、観測したからこそ、この世界のなんたるかがわかる。観測し、記録をしない場合、存在しなかったことと同じにもなるし、その思考自体に意味は無かったとも思える。 文字や建築、催事のモニュメントなどが発見されることで、古代文明の存在がわかるように。 場所:蔦屋代官山

2日前

D7d9adda c138 4845 8642 18b84c8adae20970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a