51d9tc2junl

「宝くじで1億円当たったら……」。 こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。 果たして、「宝くじで... 続き

コメント

いわゆる破滅的な末路に限らず、様々な行動に対する選択とその行動心理や影響を分析したライトな一冊。

個人的には、編によってテーマのスケールや読み応えにかなり差があると感じました。自分を投影できるか否かが読後感の差につながってるのかな。

賃貸派の末路、友達ゼロの人の末路、あたりが身につまされた。

その他のコメント

タイトルを見ててっきり経験者へのインタビュー若しくは取材を経た内容かと思い買ったのですが。読んでびっくり、その筋に詳しい人による「きっとこうなるでしょう」的予測の本でした。
なので意外な顛末を期待する人にはオススメできないかも…。

それにしても、マネーの専門家が語る「宝くじ高額当選した場合こういう事態になるでしょう」という話を「宝くじで1億円当たった人の末路」と言い切ってしまうの、どうなんでしょう?

興味本位で購入したが、色々な人たちの末路を知ることで、学べることが多くあり参考になった。

特に第2章「孤独な人の末路」は、大学生の自分としては、非常にためになった。

読者

6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE9ed576f a298 446f 8118 5157be58e62e33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb378690227975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 34人

ビジネス

本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR

本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR

A174cd4c 0806 4668 8940 992e2d13b877

Nahomi Oota

design ×

何事も「目的」から入ることの重要性を感じるこの頃。チームビルディング、組織論関連の本が多く出ていることからも、今、組織で働いている人が何に悩み、何に不安を抱いているのか、がよく分かる。 大切なのは、本を読んだ後、何を考え、現状をどう分析し、どう動くのか。 自身の意識を自分自身の意思で変えることはできても 他者の意識を自分自身の意思で変えることはできない。 仕組みの重要性に改めて気づかされた一冊。

約6時間前