Btn appstore Btn googleplay
51noe %2bhfil

希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、恋人との愛を。美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英... 続き

コメント

かつての沖縄に存在していた悲しい事実と、消えた友人を探す長い歳月を切り取ったストーリーが重なった読みごたえがある一冊。

その他のコメント

戦争はそんな昔のことではない。
沖縄返還は、つい何年か前の事だ。私の生きている歴史の中にもそれはあるのだから。
沖縄での彼らの生活は嘆きと混乱に満ちているが、掛け合う言葉は暖かくテンポよく、走っている。
沖縄の戦後を、3人いや4人の若者達の青春と共に駆け抜けた気がする。そこには、沖縄の魂があった。
オンちゃん=英雄の消えた謎を何十年もかけて追う三人。
語り部が、言葉が、全て沖縄の言葉であった。漢字の横に振ってあるルビが、私も沖縄の人間の仲間に入れてくれた。
この島の魂はなんと深いものか!!
厚い本だがページ数は、気にならない。

最新直木賞小説。
戦後のアメリカ統治下の沖縄を舞台にした物語。
酒に酔った米兵に車で轢かれても米兵を病院に搬送するのが優先され、沖縄人は犬猫のように処理される。
学校に戦闘機が落ちてくる、先生に逆らう子達が返事をしない「こんな時くらい言うこと聞きなさい」しかし、無理だった。落ちてきた天井に潰されて脳みそが飛び出してた。
レイプされる女性たち。産みたくない子どもを産む女たち。

この話に紹介されたことは一角なのかもしれない。そう思うと、同じ時代を沖縄で過ごした僕の母は色々怖い思いをしたのではないかな。
そんなことを考えずにはいられなかった。

この作品を機に沖縄への関心が高まると良いなと思いました。頑張れ沖縄!

読者

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa926cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholder306e3dda 70d7 4374 b3f1 ebb80b4b81d0Cf34c2c6 0804 41a0 8c22 d1fa6319e126Icon user placeholder25061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b836Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141 69人

真藤順丈の本

夜の淵をひと廻り

夜の淵をひと廻り

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

交番勤務にこだわり続けるひとりのおまわりさんと「大いなる悪意の意思」に飲み込まれていく街のお話。 冒頭の「警官だって怖い」という言葉にハッとさせられます。

8か月前

8703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d885Icon user placeholderIcon user placeholder
庵堂三兄弟の聖職

庵堂三兄弟の聖職

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

ホラー大賞を取った作品という事でしたが、怖くはないです。ホラーと言えばホラーなのかも知れませんが、内容は読みやすかったです。次男の癖みたいなものは、必要なかったのではなかったのでは?と、私はおもいましたが。

9か月前

七日じゃ映画は撮れません

七日じゃ映画は撮れません

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

7日というタイトな期日で映画作品を撮るまでに起こる、ドタバタで泣き笑いありのハートフル作品かと思いきや、映画作品への熱意と情熱が詰め込まれた、映画関係者の生き様模様でございました。好き嫌いは分かれそうだけど、なんかお見事!って感じの作品です。

10か月前

Icon user placeholderBef36130 f485 43bf b84f 24d8667a371bD1227b35 5445 484c b871 2372938a6408
庵堂三兄弟の聖職

庵堂三兄弟の聖職

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

猟奇殺人も無く、怖くも無い、おまけに最終丸く収まる。 新しくて熱いホラーなのだ(^_-)

約1年前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc6587d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d