51  4w6h4rl

発行元から

南朝の姫君・透子は、北朝に寝返った武士・楠木正儀を取り返すため京の都に向かう。宿敵・足利義満や、能楽師の観阿弥・世阿弥親子との出会いを経て、彼女が知った広い世界とは──。(解説/末國善己)

阿部暁子の本

パラ・スター

パラ・スター

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

偏屈で社交性ゼロのヒロイン宝良が、車いすテニスでパラリンピック出場を目指すスポ根小説。熱い! サブキャラに至るまでキャラクターの心情表現が細やか。繋がっていく人の想いが読み手の心に染みる。 続編出て欲しいなあ。

12か月前

パラ・スター

パラ・スター

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

最高の競技用車いすを作りたい。 事故で下半身麻痺となり、車いすテニスに転向した親友のために、奮闘する主人公の姿を描く。 阿部暁子作品なので、読む前に、しっかり泣く準備を! ヒロインと指導係小田切の関係は、『図書館戦争』の郁と堂上を想起させられなんだかニマニマしてしまう。

12か月前

室町少年草子 ―獅子と暗躍の皇子―

室町少年草子 ―獅子と暗躍の皇子―

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

阿部暁子の二作目。 コバルト文庫でまさかの南北朝時代ですよ。 観阿弥、世阿弥、足利義満くらいならまだしも、楠木正儀、細川頼之まで出て来る!室町時代ファンのおっさん的には歓喜の一冊ですわー。 10年前とはいえ、よくぞこの企画を通した! 同作者の最近のお話と比べると、足りない点も多くて、若書き感は否めないけど、好きな話、好きな時代を書きました!といった清々しさがあって、その意気や良しなのである。 また、こういうのは書いてくれないかな。 室町時代は、物語的には不遇の時代である。 大河ドラマの舞台になることもほとんどない。 でも、昨今の新書「応仁の乱」「観応の擾乱」のヒットで、物凄く魅力的な時代であることは少しずつだけど知られるようになってきたと思うんだよね。

2年前

また君と出会う未来のために

また君と出会う未来のために

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

昨年刊行されて、なかなかいいじゃん!と話題になった、「どこよりも遠い場所にいる君へ」の続編が登場。 今回も、メチャ泣けるボーイミーツガール作品に仕上がってる。 物語の展開があまりに、純愛過ぎて、心の汚れたオッサンにはややもすると眩しすぎるお話であるけれども、良いものは良いとキチンと評価しなくてはなりません。 主人公の抱える心の闇が、さまざまな人々との触れ合いを通して、浄化されていくあたりの展開が実に上手い。 前作のメインキャラクターも、脇役ながらちゃんと登場するので、ご安心を。

2年前

11