61ayjiynjsl

一風変わった友人と祇園祭に出かけた「俺」は"宵山法度違反"を犯し、屈強な男たちに捕らわれてしまう。次々と現れる異形の者たちが崇める「宵山様」とは?(「宵山... 続き

コメント

切り取り方のセンス。宵山が渦巻く……

その他のコメント

祭りという白昼夢の体験。

日本の祭りは変死意識状態へ誘う作用があるように思える。

日常空間である路地が祭り、或いは縁日と呼ばれる時、通りに屋台が並び、食べ物の匂いが立ち込め、囃子が聞こえ、普段の焦燥感に満ちた人たちは消え、雑踏はゆったりと金魚のように回遊する。

日常の世界がいつもと違って見える体験は、通常の知覚とは異なる知覚を生成するという意味において変性意識状態であり、或いはこれを白昼夢とも呼べるかもしれない。

この物語体験は、祭りにおいて体験する不思議な体験をなぞることができる。

しかしなぜ、日本の地域が祭りに関心を示さなくなったのかを考えると、単純に人がいなくなったから、ダサいからという理由だけではないだろう。

あまりにも普段の日常から現実感が損なわれたからではないかと思う事もある。

この物語で稀薄な現実感からさらに現実感を喪失させる体験ができた。

これは活字の読書でなければ味わえない体験だったと思う。

祇園祭のあの規模、あの人の多さなら、こんなことがあってもおかしくないかも、と思わせられてしまう、少し怖いお話。

しかしやはり森見さんの真骨頂は、ヘタレ学生話にあるのだと、「宵山金魚」「宵山劇場」を読んで感じましたぞ!

読者

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceCbdd6819 86de 4595 a296 2fc4dae0d38eCc6fcec3 d1dd 4fb7 97dc 155aaca949c116e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eIcon user placeholder7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47c9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa 61人

森見登美彦の本

太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

10日前

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769d

KAZ

ミステリー、SFが好きです

冒頭の「面白く生きるほかに何もすべきことはない」。この言葉通り京都の街は大騒ぎ。 シリーズ二作目も楽しく読了。 矢三郎と海星のやり取りでホッコリ。 次作も楽しみです!

10日前

0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beIcon user placeholder 15
四畳半神話大系

四畳半神話大系

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

薔薇色で有意義なキャンパスライフを送れずいじけるいっぽうの数年を過ごした全ての人に読んでほしい。 この本を読んでいると自分が学部生だった頃を思い出して虚しくなる。しかも、なんだか自分もこういったことをやっていたような気がするから腹立たしい。 そこで、『あぁ、じつに、生き方に工夫が足りなかった。私はなんてまっすぐだったのであろう。』(p.30)などとほわほわ考え、「もし、あの時違う選択をしていたら」、「もし、もう少しだけ運が向いていたら」などと過去を振り返る。 そうは言っても、 『寺山修司はかつて、書を捨てて街へ出やがれと言ったと聞く。しかし街に出て何をしろというのだ、この私に。』(P.220)と思い直すと、結局自分に伝説の至宝「薔薇色のキャンパスライフ」を手に入れる事は出来なかったに決まっていると再びいじけてしまう。 つまり、この物語体験とは、どんな選択をしていたとしても結局代わり映えのしない数年間だっただろうし、自分は自分でしかなかったのだ、という過去・現在・近未来にかけての自己同一性について洞察する極めてE.エリクソン的ライフサイクル体験ができるSF小説なのかもしれない。 その他 『赤ちゃんがおしゃぶりをしゃぶるように箱庭の権力をしゃぶり続け、』(P.47) 『負けてたまるか。 人恋しさに負けてたまるか。』(P.54)

2か月前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650e093f2d8d 0d90 419f a1b1 b58009b928ee3b6e593d 600d 4193 87ee a49f092dd79f