515cbjy7jbl

あの閉じ切った生活からの脱出を試みるのだ ーー発泡スチロール製の白い家を担ぎ、日本国内を移動しながら生活した美術家の369日。 2011年、友人と借りた... 続き

コメント

日本各地へ自作の家を背負って歩き、夜は家を置いてくれるスペースや他人のちゃんとした家を探し、そして朝になるとまた家を担いでどこかに歩き出す…という芸術活動をされた方がその活動内容と活動中に思ったことや、遭遇したことなどを記録した本。読んでいて頭がくらくらしました。自作の家を置いてもらうためにお寺やお店にお願いに行くことだとか、家になぜ滑車を付けなかったのかとか、いちいち「今読んだことは何だったのか?」ということを再確認する頻度がかなり多かったので。こういうことをやる人は日本に何人いるのだろうかとか、遊牧民的だか何かちょっと違うな、とか色々考えてちまちま読み進めました。強引な感想ですが、目的地に向かう旅ではなく、自分の行動にはどんな意味があるか? を家を背負って歩き追求した旅の本かと。

読者

6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261A16c3265 00ea 44e1 bba2 1bf64b42edd4493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5014253d4 6080 4951 9119 24735184a69679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f 8人

新刊

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第1期が完結しました。今回特に怖かったです。 私は、情を感じる「だんまり姫」が好きです。 おちかさん急過ぎます(笑) 「黒白の間」の雰囲気も第2期では、変わって行くのでしょうね。もう一度、第1期分読み直したいです。

約4時間前

05b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def815cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2B1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba121
雪子さんの足音

雪子さんの足音

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

物語は主人公の薫(男性)が大学時代に過ごしたアパートの大家の雪子が亡くなったことを偶然、新聞記事で読んで知ったことから始まる。20年ぶりにアパートを訪ねる道すがら当時のことを鮮明に思い出す。そこには青春時代の甘酸っぱい思い出などではなく、大家さんが開くサロンに集う奇妙な住民と薫との3人の不思議な関係が綴られている。読んでいる私も時にはイラつき、ちょっとスリリングな気持ちになることもあった。三者三様の狡さが潜んでいる。薫が離れた後もずっと住み続けていたもう一人の住民の小野田さんがどんな生活を送っていたのかが、とても気になる。

1日前

2263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a99f7a896d 3e0d 45f4 b79b 49d552e2748718943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a8