Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
515cbjy7jbl

あの閉じ切った生活からの脱出を試みるのだ ーー発泡スチロール製の白い家を担ぎ、日本国内を移動しながら生活した美術家の369日。 2011年、友人と借りた... 続き

コメント

日本各地へ自作の家を背負って歩き、夜は家を置いてくれるスペースや他人のちゃんとした家を探し、そして朝になるとまた家を担いでどこかに歩き出す…という芸術活動をされた方がその活動内容と活動中に思ったことや、遭遇したことなどを記録した本。読んでいて頭がくらくらしました。自作の家を置いてもらうためにお寺やお店にお願いに行くことだとか、家になぜ滑車を付けなかったのかとか、いちいち「今読んだことは何だったのか?」ということを再確認する頻度がかなり多かったので。こういうことをやる人は日本に何人いるのだろうかとか、遊牧民的だか何かちょっと違うな、とか色々考えてちまちま読み進めました。強引な感想ですが、目的地に向かう旅ではなく、自分の行動にはどんな意味があるか? を家を背負って歩き追求した旅の本かと。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f 5人

新刊

61gzf0leugl

榮国物語 春華とりかえ抄 一石月下

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

姉弟の立場取り替えもの。 とりかえばや物語の昔から、このシチュエーションは大好きで、手に取ったところ。やっぱり「これはどうするんだろう?」という難問をいかに上手に乗り越えるか、と「好きな人ができました」「好かれちゃいました」な状況の回避が読みどころでしょう。機転がきいて無理がなく、この主人公たちならいけそう、というラインをうまくついてくれました。 次の巻あたりで、惚れたはれたが明確になるのでしょうか。楽しみです。

約1時間前

51 xy4lpysl

横濱エトランゼ 大崎梢

Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

5つの話からなる連作短編集 謎を解く鍵は 昔の横浜を知ること オシャレな建物があるイメージを持っていたので 過去にあった場所とかも 今見れたらよかったのにとちょっと残念

約2時間前

41aalqwggol

ルビンの壺が割れた 宿野かほる

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

フェイスブックのメッセンジャーを使って交わされる感情を抑えたオトナのやり取り。かつての恋人同士が当時を振り返りながら、その時話せなかったことを綴ります。互いの体調を気遣い、パソコンを使うようになるなんて意外!なんて、たわいのない話もありながら、そこはかとなく漂う不穏な空気。 最後のページをめくると、そこには一行だけ文章が。そしてそれを読んだとたん、「うぎゃあぁぁぁ」と叫んでしまう。叫ばずにはいられない。 友人に本を貸す時は、最後のページをテープで留めてからにしました。 今年一番の衝撃でした。

約5時間前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6962f2616b0 e8b8 4016 b299 a4c5aaaee63aBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3
51xkfphym4l

(4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙 ほしおさなえ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

活版印刷三日月堂シリーズ第二弾。 それぞれのお話の主人公が、三日月堂の主人弓子さんじゃないのが良い。 三日月堂に吸い寄せられるようにやってきて、大切な人生の節目を刻んで行く。甘くはない、ほろ苦いお話も多いけど。一歩前に!進んでいく人達に、心が温かくなりました。 第三弾もある感じですね。

約6時間前