515kvh8ijfl

二〇一二年一二月一二日、兵庫県警本部の留置施設内で、ひとりの女が自殺した。女の名は角田美代子。尼崎連続変死事件の主犯である。美代子と同居する集団、いわゆる... 続き

コメント

この事件に関しては個人的にスクラップブックを作るくらい様々な資料を集めたが、『一般人が触れてはいけない』闇がありすぎると判断したため、スクラップブックも破棄した。角田美代子が『自殺』したため全ての真相は闇の中だが、その闇は余りに生々しく深い。正気を保って読むのが難しい人もいるかも知れない。忠告:ホラー小説が苦手な方は回れ右。中途半端な好奇心でこの本を読破しようと思わないこと

尼崎の連続変死事件のルポタージュ。
親族のみならず赤の他人の一家まで乗っ取って、心身ともに支配した角田美代子。そんなことがどうして実際に起きるのかさっぱりわからなくて読んだ。あらゆる家族が大なり小なり抱えている弱み、歪みにつけこむのだということがわかった。

読者

B8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db5765f77129 6424 49fe 954b 02c152fe23afIcon user placeholderIcon user placeholderE10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb8E9764194 0b8d 4c6b b30d ae24c3bbc031 6人

小野一光の本

新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

並の怪談が裸足で逃げ出す恐怖。結局一番怖いのは人の心。 文庫化にあたり70ページ大幅増補。文庫版補章『その後の「家族喰い」』でもさらにつらい事実が明かされるも家族を乗っ取られた被害者のさまざまな事を飲み込んでそれでも生きる姿に救いを見た。『美代子はきつい言葉で責め、苛烈な暴力を行使するだけでなく、食事や睡眠の制限で意識が朦朧となった皆吉家と谷本家の大人たちに対して「次に責められるのは自分かもしれない」という恐怖で支配する関係を構築したのである。』P274 洗脳の常とう手段である食事、睡眠の制限これに類することは 学校、職場、家庭など人が集まる場所では起こりがち。このとき美代子容疑者は覚せい剤をキメていたので眠くならないというカラクリもあるのだが。 また実の姉を殺害し数々の犯行を自供した容疑者(もともとは乗っ取られた家族、乗っ取られた当時は高校生だった)が語る「私には今でも美代子さんに自分は大事にしてもらった、恩があるからお返しとして大事にもしてきた。その関係のまま別れたことになるので未練の情が残る部分があります。そして角田家も家族として大事にしてきたので同じ気持ちです。でも(精神)鑑定の話を聞いていると、やっぱりこれは特殊な手段や方法の中でなら多くの人がなってしまうメカニズムがあって、その上で植えつけられたものなのかなと思います。私には実感があるから本物だという感覚が残っていますが、でも認められるものじゃないのもわかってきています。本当に美代子さんが自分を大事にしてくれていたら、こんな手段や手法はとらなかったはずだと思うようになりました。少しずつ」P330、は洗脳の恐ろしさをこれでもかと突きつける。本書は何処にでも起こりうる「洗脳」という恐怖にいかに気付くことができるかという備えになると感じる。

10か月前

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c70076bbd1 6a5e 4963 ba6f a52a51a54349Da0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d8