51omxrpboal

コメント

「かなしくなったらグッドして」「えんにあいたくなったらグッとして。えんもパパに会いたくなったらグッてしてるからね。」小さなこどもが何とか踏ん張りながらけなげにふるまうところで涙腺がゆるむ。家族最後となっているけど新たな形での再生もほのかに感じ取れる。

その他のコメント

昨日の夜中に読み始め、ページをめくる手が止まらず1日で読み終わりました。前作かなわないは、読んでる私もしんどくてなんだか情緒不安定になってしまったけれど、今作はその時に比べればもう少し明るい気持ちで読めた気がします。それでも今作も読んでいてショックなことがたくさんありました。私ももっと歳を重ねたら、こうしていろんなことを抱えながら生きていく時が来るのかなあ

読了。
かなわないもしかり、感情移入も没頭もせずに淡々と読む。
...。
唯一は、他人の日記を盗み見ているような感覚。(まぁ、そういう本なんだけど)

あぁこんなこと思っちゃっていいんだ。勝手だよ。何自分を繊細だなんて言っちゃってんの。この人こんなこと書いちゃったら大変だよ。

そう、嘘がない。それだけじゃなくてそこまで言わなくていいのにというところまで言ってるし、思ってる。かなわないに続いて、この本にも綺麗事はない。

読みながら、かなわないの自転車のくだりを思い出してた。
誰かと一緒にい続けることは、とてつもなく面倒だけど、やっぱりなんかいい。

読者

68b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea95fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcIcon user placeholder574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdfIcon user placeholder81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57 48人

植本一子の本

フェルメール

フェルメール

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

写真家がフェルメール全点制覇の旅をするとどうなるか? そういう本です。亡くなってしまったラッパーECDの妻でもある植本一子さんによる、一冊。実に楽しいし、目鱗な感じがする。

2か月前

ホームシック: 生活

ホームシック: 生活

13db1965 8de1 4b92 bf13 8447f946a3f5

yuk

いま読んでる本をアップするよ

石田さんが亡くなってしまった今読むととても平和に思えるけど、これはこれで相当ドタバタだった結婚出産の顛末。記録。

9か月前

540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
降伏の記録

降伏の記録

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

日記形式でない独白ともいうべき最終章の「降伏の記録」に圧倒された。つまるところ人と人とは最終的には分かり合えないという諦念を持ちつつもコミニュケーションを取り続け今までの生活を肯定していく姿勢はきっと「幸福の記録」となるであろう。 また「降伏の記録」は本文中に登場する 阿佐ヶ谷の古書店コンコ堂やfuzkueなど同時代を生きる東京西部在住者の2016~2017年の生活を記録した日記文学としても後世に残るような気がする。「クーリンチェ」はBD化されたけどあの時間は映画館でないと味わえないことや2016年後半は「狂う人」だったことなど。

約1年前

98512388 a01d 49e8 9551 05024e554157Icon user placeholder3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec3 21