9784150311025

沿海州の花とも白鳥とも謳われる女王国レンティア。かの国をめざす船上には、とある密命を帯びたパロ王立学問所のタム・エンゾ、しかし彼は港に着くなり犯罪に巻き込... 続き

コメント

レンティア第一王女アウロラの初登場巻。

時期的にはグインが黒竜将軍になったあたり、アルミナの嫁入り前とも書かれているから、正伝の40巻ちょいくらいの頃かな。

沿海州会議の際にアンダヌスとセットでヨオ・イロナが出てきたくらいで、正伝ではまともに描かれたことがなかったレンティア本国が今回の舞台。

外伝作品かつ、新人のデビュー作と考えれば、こういう「空白地帯」のお話の方が書きやすいのかもしれないね。

本作は、宵野ゆめにとってデビュー作。最初の作品ということもあってか、相当にぎごちない。描写がまわりくどく、話が分かりにくいのは難点かな。

逆に考えると正伝132巻の『サイロンの挽歌』はそれほど違和感を覚えなかったので、この間に相当な研鑽をつまれたであろうことは想像に難くない。
最近は、病気療養モードに入ってしまっているけど、復活を待ちたいところ。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

文芸

鬼を待つ

鬼を待つ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

弥勒シリーズ第7弾。 清之助のどうしても切れない過去と因縁。 厄介な同心信次郎の推理が切れる。 この2人の関係が渋すぎる。 にしても、信次郎の謎が一つも解けていない。 信次郎の人を人とも思わないあの性格は、一体何処で培われたものなんだろう。 凄腕の清之助の心の揺らぎも心惹かれるが、そろそろ信次郎の心が揺れるところが見たい。 心があればだけれど。あ、でも揺れて欲しくないかな。

約21時間前

サウスポイント

サウスポイント

517fc622 0aed 4f1b bbda 7c4e7f15e699

ヒューガルデン

唯川恵、有川浩、吉本ばななが好き

情景が浮かんでくる。悲しい感じや決して明るくない感じなんだけど、癒される♥️ ハワイ島にいつか行ってみたい。 何度でも読んでしまう

約22時間前

236d22fd 5a4e 437f b69c b44cf57fb7e0197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d72a1a981 a868 4efd 9c2c 3573c35d5ced
負け逃げ

負け逃げ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0132 2019/08/20読了 田舎の村で暮らす人たちの話。 こういう町での暮らしは本当にこんな感じなのかな。閉塞感を感じているのかなあ。 どの話も好き。 全ての話にちょこちょこ出てきてその後が知れるというか。 みんなそれぞれ幸せになってほしい…。

2日前

コールド・コールド・グラウンド

コールド・コールド・グラウンド

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

ジョニーウォーカーでオフィスの紅茶を景気づけ、コーヒーにはジムビーム。この辺じゃ誰もがウィスキーの川辺にテントを張っている、と嘯く男ショーンダフィ巡査部長を主人公にしたこの小説。 一九八一年、キャリックファーガス=ベルファスト=北アイルランド、という舞台設定からすでに血煙が見えてくる。謎解きに注力するというよりは、アイルランド風現代ノワール小説として正しくダーティーかつ殺伐とした日常が描かれ、ダフィの拘泥した思考と捜査を淡々と追っていく。 この時代のこの場所にあった、或いはそうあり続けた真っ黒な火種のようなものを、ページを繰りながら少しずつ学んでいくことが出来る。教科書的な意味合いもある本作、読んで良かったなと思った。

2日前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd020481079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f