51njcpy808l

夫武田泰淳と過ごした富士山麓での十三年間の一瞬一瞬の生を、澄明な眼と無垢の心で克明にとらえ天衣無縫の文体でうつし出す、思索的文学者と天性の芸術者とのめずら... 続き

コメント

その他のコメント

読者

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2411c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752039c415bc 0b77 40cd 838c c3d48c409e62E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca28da0d2fb b06b 43dd 92e7 cc38c60714faAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e2d02f22a 1776 406c 8236 9564f722f0ab 15人

武田百合子の本

アンソロジー お弁当。

アンソロジー お弁当。

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

なんともふくふく幸せな気持ちになる作家さんたちと表紙写真。シリーズでそれぞれ紙質やフォントが違うのもよい。これからゆるり読み進めます。

4年前

Icon user placeholderIcon user placeholder2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5 10