51kuix8fc2l

コメント

町を歩く人、立ち止まっている人、あの人じゃないかと思ってドキッとしてしまう感じ。見つけたような見つかったような、生きなきゃいけないのに、そして確実に何か行動を起こしたり、誰かとお喋りすることもそうだし、絶対に生きているのに、どこかずっと私の人生は霧がかかったみたいに、ぼんやりしてしまっている。そういう状況みたいなのが良くわかるから、とても危険な読み物だった。ものすごくゆっくりじっくり読んでしまった。

その他のコメント

読者

Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c66d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bbA60b29b3 e075 4eed aa83 c66d3504b3bc2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124 33人

柴崎友香の本