Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51wa8hprtvl

司馬遼太郎が小学校用教科書のために書き下ろした「21世紀に生きる君たちへ」「洪庵のたいまつ」および小学国語編集趣意書「人間の荘厳さ」を対訳で収めた新しい時... 続き

コメント

2018年のNHKの番組「日本のジレンマ」で、歴史を信じない、という発言があった。誰が書いたものかわからないのに、ひとつの歴史を信じるのはおかしいと。色んな人の歴史を見て、自分で歴史を選ぶと言う。なんて現代的な考え方なんだろうと思った。その答えに対して、歴史と向き合うアカデミア(学者チーム)は、自分の好みで歴史を選ぶのは危険だと言う。

歴史に絶対はない。過去に戻って確かめられないからだ。でも、歴史に学ぶことはたくさんあると思う。それを、どう説明したらいいんだろうと思っていた。司馬遼太郎さんは、この本で素晴らしい答えを書いていた。「それ(歴史)は大きな世界です。かつて存在した何億と言う人生がそこに詰め込まれている世界なのです」と。そして、歴史の中に友がいると。歴史を愛していると。そう、これまでの歴史があるから、今がある。それを忘れてはいけない。

あと、この中で心に残ったフレーズが二つ。ひとつは「人間は、人なみでない部分をもつということは、すばらしいことなのである。そのことが。ものを考えるばねになる」。もう一つが、洪庵が開いた適塾。「すばらしい学校だった。入学試験などない。どのわか者も、勉強したくて、遠い地方からはるばるとやってくる。〜ここでは、学問をする、というただ一つの目的と心で結ばれていた」。適塾は、のちの慶応義塾大学の創設者、福沢諭吉を育てた。学校の在るべき姿は、やはり歴史の中にあった。

その他のコメント

これから読みたい本

読者

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0bA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9 3人

司馬遼太郎の本

ビジネスエリートの新論語

ビジネスエリートの新論語

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

デビュー前後のこの時代はまだあの司馬さんらしい文章が完成されていないと感じました。でもやはりよく学ばれ考えられた内容で面白かったです。

4日前

八人との対話

八人との対話

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

司馬さんは1992年にカズオ・イシグロさんの作品を紹介しています。私は先日のノーベル賞で知ったのに。

16日前