41izo%2bmkurl

コメント

小さな男と静かな声の日常が少し変わった構成で交互に語られてゆく。
劇的な出来事は何もないけれどこの世界に引き込まれる。
眠る前、できれば冬の夜に少しずつゆっくりと読み進めると良いかも。
心地よい読後感に、きっと前を向こうと思うはず。
素敵な本。

その他のコメント

『小さな』男性と『静かな声』の女性の日常。
文章が粋で、好きな本がまた増えました。
ずっと読んでいたい。

読者

Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44B34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f00 6人

吉田篤弘の本

おやすみ、東京

おやすみ、東京

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

深夜の東京で働くタクシーの運転手や映画の小道具係や電話なんでも相談係や探偵たち。 あとがきによると、それぞれが1冊の本が書けるほどの背景を持つという魅力的な登場人物たち。 一見すると孤独にも思える彼らが、まるで星と星を結んで星座が出来上がるみたいに、きれいに繋がり幸せをつかむ物語は、眠りに入る前に読む大人のためのおとぎ話のようだった。

30日前

657cdc2f c4dc 4b18 b49e 93579b43d37dIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 9
雲と鉛筆

雲と鉛筆

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0139 2019/09/04読了 3編のやさしい物語。架空の町に暮らすぼくの日常。 「人生」気になるなあ。バリカンも好き。ジュットクは胡散臭いけどエピソードが切ない。 この世界観に浸るの好きかも。他のお話も読んでみたい。

3か月前

C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04Ca7fad3e 108a 4373 bb96 767e6a9ad9173758a284 56fe 47a8 aa04 9a7f698964ba 12
月とコーヒー

月とコーヒー

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

夜寝る前に読んでほしい作品だそうです。24編の短編です。 チョット眠たくなるくらいに、話がホンワリ終わる。 感情を激しく揺すぶられることもなく。ああ、これで終わりなんダァ。と思って、次のお話へ。 こころ安らかになること請け合います。 題名がとてもいい。人生のチョットした彩りです。

5か月前

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Icon user placeholder40316e3b 2aa6 4513 b6e0 5d4597a48c22 30