41zwnqercol

コメント

繰り返し繰り返し、習慣のメカニズムのようなことが書かれていますが、そういうことか!と思えることもありました。ワタシ的には、スクワット一回、ブログを毎日一文は書く、あたりをやってみようか?(^^;)

その他のコメント

習慣にしたいことをリストアップしたら、それを「ばかばかしい!」と思うくらいのレベルにまで下げる。たとえば、「体を鍛える」習慣を身につけたいなら、「腕立て伏せを1回だけする」とか。ばかばかしいくらい小さな習慣なら、気合いを入れて始める必要もないし、疲れていてもできるから、失敗しようがない。毎日小さな成功体験を積み上げていくことで、いつかその小さな習慣は本当の習慣になっていく。

まとまった時間が割けないことをいいわけに、小説を書くのを後回しにしていましたが、この本を読んで、「何が何でも1ツイート(140文字以内)、小説の続きを書いてTwitterで流す」を小さな目標として設定しました。たった140文字足らずが降り積もるようにして、ようやく新しい物語を紡ぎ出せるようになってきました。

小さいことからコツコツと。高望みするから続かないのか…

読者

F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0Ea58a10e d173 4107 800c a316ef4dc0643def9373 9e63 4338 b1a2 e64771131c0c7f5831bb 02d1 4395 95ba b74547851348Icon user placeholderE5cde356 fcef 4b02 b6a7 abc32aa39002221af5a9 704b 493f 8103 ee49f2ecd079Icon user placeholder 58人

人文

音・ことば・人間

音・ことば・人間

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

1970年代後半『世界』で連載された、文化人類学者と作曲家の公開往復書簡。音やことばが一応のテーマになってはいるものの、まとまりはなく議論が深まらない。日本が経済的に豊かであった頃の連載であり、書簡が書かれた場所はアフリカであったりパリであったりニューヨークであったり。金あるなあ。豊かな資金を背景に海外に飛びながら、辺境である日本から西欧に赴く人類学者・作曲家というねじれに二人とも悩んでいること、日本の音楽やその他の芸術に対する愛憎の念が入り混じっていることが行間から伝わってくる。これが裏テーマか。

約15時間前

「悪くあれ! 」窒息ニッポン、自由に生きる思考法

「悪くあれ! 」窒息ニッポン、自由に生きる思考法

E400d04f 4e39 4187 9854 62eb78b2fe87

frageil

濫読派。

窒息ニッポン。そうだよね。みんながそう感じているけど多くの人がそれを上手く説明できない。テレビでは連日、芸能人の不倫問題が取り上げられ、SNSでは今日も誰かが炎上している。正義を盾に、、ではなく槍として他人を突き刺し、吊るし上げる世界。著者はそんな世界のグリッドから抜け出せと説く。人間は動きたくないし、考えたくない生き物。だから単純な物語を欲しがり、そこに因果を見出そうとする。混沌を見つめ、その先に光を見出す力をつけることが何よりも大切であることを教えてくれる一冊。現象に飲み込まれず、己を磨くことが世界を変える唯一の方法なのだ。とりあえず音楽やってる人は今すぐに読んだ方がいい。

約22時間前

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

8bbb5455 62a8 47ff 95da 8a6015e38e13

kantaroh

ブルーにこんがらがって

君の営み、我々の営み、別々のようで同じなんだヨ。 自然の営みを長い歴史の中で、デザインすることでその恵みを頂戴する術が発酵なんだ。 限られた資源、その土地の風土、そしてヒトの営み、それらの関係性から発酵は生まれる。 レヴィ=ストロースから山口昌男に至る文化人類学のレンズを通して、デザインされた発酵文化人類学。 自然とヒトの関係性が複雑なように、発酵とヒトの営みを語るには、一筋縄でいかないんだ。 けれど、全ては繋がっている。それはヒトの歩んできた道には発酵が付き物で、たぶんこれからもぼくたちは発酵と付き合っていくだろうから。 明日の朝はみそ汁を飲もう、そんな気分の読後感。

4日前

4638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb 25