61d3vw4z7kl

君の涙を、忘れない。感動の物語、完結。花菱英一の父親が家出した。理由を問う息子に対し、祖父危篤の連絡が発端となって、縁を切った実家に行くかどうかで母親と大... 続き

コメント

やや優しさが過ぎるような気もするけども、さすがな面白さ。

読者

933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4Icon user placeholderA889990f 3313 414b a1b1 617c76c3892284703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31 5人

宮部みゆきの本

希望荘

希望荘

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

外さないのが宮部みゆき。杉村三郎シリーズが中編で楽しめるのがうれしい。三部作を経て、いよいよ私立探偵になった杉村三郎。三部作はプロローグに過ぎなかった。物語はこの本から始まる。そして恐らく、杉村三郎も徐々に探偵になるのだろう。作者も、杉村三郎が好きなんだろうなというのが分かる一冊。

2か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a1035 10
お文の影

お文の影

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるので…

時代小説短編集。内容は良い。安定の面白さ。ただ売り方がいかん。「ばんば憑き」をタイトル変えて文庫にしただけ。

3か月前