41niriofbll

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った二人は中学で離れ... 続き

コメント

小説からいきなり入りました。
映画を見ないと良さがわからないのかも。
読みおわって、「で?」ってなりました。
映画見てみます。

その他のコメント

切なく美しい、また読みたくなる一冊です。

読者

0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047eF6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683B725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2a60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8355990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9Ae646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d7726eb3ef1 3170 49c4 aa4c 36a8e5fb7355 15人

新海誠の本

小説 天気の子

小説 天気の子

86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2

らいず

ただ単に読むのが好きなので、評論…

時間の都合がつかず、今回はまだ見に行けていないが先に小説版を読了した。 内容は面白かったが、もう少し穂高と陽菜のやり取りが多ければ良かったな。 特にラストは。 今も公開中なのでネタバレ的な感想はやめておきますが、小説版は一気に読めました。

2日前

21d885e2 a247 414c 9d06 9e22cd730f64555d0c8f 2fde 4eed 9f8c ab72ba4e58bcIcon user placeholder 22
秒速5センチメートル one more side

秒速5センチメートル one more side

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

新海誠監督の映画「秒速5センチメートル」のノベライズは、監督本人の同名作品が既にあるのですが、映画公開から四年を経て、新たに刊行されたのが本書「one more side」版です。作者は加納新太。過去には、新海監督の「ほしのこえ」なんかのノベライズを手掛けている方ですね。 新海版との違いは「視点」 第一章の「桜花抄」は、もともと貴樹の一人称視点で進行していたのが、ヒロインの明里の視点に。 第二章の「コスモナウト」は、もともと澄田の一人称視点だったのが、貴樹の視点に。 第三章の「秒速5センチメートル」は、三人称視点ながらも、かなり明里の社会人時代にページが割かれ、これまで描かれてこなかった新しいエピソードが増えています。 これをよしとするかどうかは判断に分かれるところで、映画版の結末をどう受け入れたかによって、このノベライズの評価も変わってきそう。

7か月前

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61C85d9386 c923 47a0 94f5 64ba42e947b2
小説 言の葉の庭

小説 言の葉の庭

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b

ふるーつぐみ

好き→お菓子作り、毛糸、絵、ねこ…

縁あって、今年になって下北沢のトリウッドで映画を観ました。その時は新海監督作品を連日一挙上映していて、他の作品も一度に見たのですが、この『言の葉の庭』がすっごく心に残って。雨のシーンが 水の降る様が本当にきれいで、お話も含めてすっかり心を持っていかれたわけです。 最近になって、小説版があることを知って嬉しくなって読みました。映画の中の二人のやりとりや台詞の意味が、小説版を読んでみてぐっと深く自分に入ってくる感じがしました。現実味を増すというか、どこかにあの人たちが存在してる気がしてきたりして。 映画は少し切ない気持ちで終わったけれど、これを読んだら切なさよりもあたたかい気持ちで読み終えられたので、うれしかったです。なるかみの…と、諳んじて呟きたくなります。

約2年前

3058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f4902963aa7b 0b82 4999 a5d0 6b058ac4bb2780a74f5d 4c28 4b89 8980 fd0b3d3029eb 67