51su5vajt9l

痛々しくガーリーな少女の世界を描く「トラウマテクノポップ」の旗手・アーバンギャルドのリーダー松永天馬が、バンドの代表曲を小説の形で再構築する。十二作品収録... 続き

コメント

前衛的テクノポップバンド、アーバンギャルドで活動されている、松永天馬さんの短編集。
現実と非現実、わたしとあなたが曖昧になるトリップ感ある文章に、MVのようにテンポ良くめまぐるしい展開が、独自の世界観を作り出しています。小説と詩の中間という風に感じました。
そして独自の世界観を確固たるものにしているのが少女のデティール。長年少女を解体し続けているだけあり、独自の少女哲学が全開です。16歳くらいの女の子が心に住んでいるんだと思います。
天馬さんの美意識ある言葉選びが以前から好きだったのですが、今回は特に色や動きを感じる描写に圧倒されました。前述のトリップ感もそうですが、ショートアニメになったらすさまじいものが出来そうです。(ぜひ!)

読者

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

文芸

ダリの繭

ダリの繭

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

個人的な感想ですが 時代背景が懐かしく 青春が蘇るようだった(笑) 話そのものがダリの絵のようで 訳の分からないことだらけの事件を どう着地させるのかと思ったが 上手くもっていったなぁ 話が長いので短編でも良かった シリーズ制覇に向けて 頑張って読みます

約13時間前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c65c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 12
ON THE WAY COMEDY 道草 袖ふりあう人々篇

ON THE WAY COMEDY 道草 袖ふりあう人々篇

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4

cova

読んだあとに余韻が残る本が好き

あぁ、木皿さんだなぁと幸せになる。 幸せになる話っていいなぁ、好き。 ハッピーエンドなんじゃなくて(ハッピーエンドでもあるんだけど)、そこらへんにちょこちょこんと幸せがある感じなのがいいんだよなぁ、としみじみ思う。

約16時間前

みみをすます

みみをすます

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

ひらがなから読み取れる言葉によって、頭の中がグルグルとなり、さらに世界が開けていきました。もちろん読みにくさもありましたが、ゆっくり文字を追っていくことに意味を見出せました。詩はスローリーディング派です。声に出したり、紙に書いたり、その時間が愛しくて堪らないのです。

約22時間前

Icon user placeholder8a1b1dae 5093 43df a241 522529620e1e1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa 12