51t%2b3dzexzl

京大出の心理学ハカセは悪戦苦闘の職探しの末、ようやく沖縄の精神科デイケア施設に職を得た。「セラピーをするんだ!」と勇躍飛び込んだそこは、あらゆる価値が反転... 続き

コメント

ケアとセラピーの違いについて、著者の経験に添いながらデイケアの日常について描かれている。
物語の舞台は福祉ではあるが、誰にでも当てはまり、自分のこととして考えて行けるような内容になっている。物語として読め、なにより文章が面白い。笑いながら読みすすめられる。
物語の後半になると、ケアにかかわる仕事に就いた経験がある人なら、誰でも一度は考えたことがあるであろう問題(不安や葛藤)が描かれている。
面白い本だった。
ケアについての深い部分を一緒に考えてくれるようなありがたい本だった。

読者

71f22d9c d011 4388 a625 6db6f03053774039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b2538c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c26c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939 18人

東畑開人の本