51 7wrci9el

まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ?  「屋上の呪い」をめぐる、あまりにも不可... 続き

コメント

語り手によってフォントを変えたり、各語り手ごとにシンボルマークを用意したりと伊坂幸太郎を意識したのかと思わせる作りです。
そのため、もともと短編であったものにエピソードを加筆して長編にしたような感じで軽く読めました。

読者

0848292c 5139 43ce a559 68241630aed239a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d5838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982 3人

島田荘司の本

屋上

屋上

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

御手洗潔シリーズ。時代はバブル期。まだ馬車道にいるという設定です。 今作は重々しいトリックよりは、軽い会話がメインな作品です。まだまだ続いて欲しいですね。

15日前

鍵のかかった部屋 5つの密室

鍵のかかった部屋 5つの密室

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

糸を使って外から鍵を閉める、という作品のアンソロジー。どの作品も短編ながらキャラの面白さがあって良かったです。個人的には、御手洗シリーズを読みたくて買ったのですがね。ちょっとあっさりした感はあるけど、また御手洗シリーズを読めて満足しています。

9か月前

2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c481525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Ec385d45 c2cb 46e3 8f59 0391e116e2b1 8
屋上

屋上

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

久しぶりの御手洗シリーズ。ただ、今作はちょっとトリックではない話もあって、御手洗の本領が発揮されてなかったのが残念。会話が多く、さくさく読める作品ではありました。痺れるようなトリック作品を、また読みたいですね。

1年前

49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a7248f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573A39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e1780907