61fiufsnpal

20世紀初頭、写真だけを頼りに、アメリカに嫁いでいった娘たち――。その静かな声を甦らせる中篇小説。百年前、「写真花嫁」として渡米した娘たちは、何を夢みてい... 続き

コメント

理想と異なる現実を受け入れて、乗り越えた先に待っていたのは日本人強制収容。「写真花嫁」としてアメリカに渡った女性たちの声が詰まった本。

ここにも戦争の犠牲者がいた。世界は何も変わっていないとわかり、読後悲しくなった。

その他のコメント

「写真花嫁」と呼ばれた少女たちを待ち受けていたのは、アメリカでの幸せな結婚生活ではなかった。奴隷のような過酷な労働を強いられ、日本に帰りたくても金は無く、差別や暴力に耐え、順応するしかなかった。
何人もの少女たちの苦しみが次々と語られ、その小さな囁きが重なり合い、合唱のように奏でられる。それはあまりにも静かで美しく、残酷な実話だ。

小説でありながら、無数の囁きが束ねられた「わたしたち」の祈りであり、歴史であり、詩である。

読者

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98699b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f794ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756 10人

文芸

幸福な食卓

幸福な食卓

55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120

Ayamura

本は通勤の友

いろんな問題を抱える家族の事情が、長女の視点で描かれている。 でも家族思いな家族で、不思議。 穏やかそうな、ゆったりした印象の空気感の中に、なかなかショックな出来事が描かれていて、ゆっくり乗り越えて行く感じ。 不思議で、仲良くて、問題を抱えた家族の素直な感じが印象にのこる。 家族団らんという平和な家族じゃななのに、食卓や食べること、だれかと食べることが描いていることで、なんだかちゃんとした家族な気がした。

約1時間前

57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e0586f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee668fb9b0 11c1 4db3 8bd3 46808025df38
うつくしい人

うつくしい人

49b22a81 2650 4153 92f9 d277f36769bd

もえあん

始めました。

周りのひとがどう思っているのか。そればかり考えてしまい、自分の人生を支配してしまう。 過去や人と向き合うことの意味。 ○名札から知るホテルで働く人々の名前がローマ字だったのが特に好きな描写だった。A. TANAKAの様な。漢字で表さないことで距離をとっていて、主人公を観察する外野の1人に仕上げていた。

約21時間前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a00882ec89 1110 4b88 8629 fb54373293ccE0035cdf d0df 4ace b7a7 15c2320e0e85 43