61fiufsnpal

20世紀初頭、写真だけを頼りに、アメリカに嫁いでいった娘たち――。その静かな声を甦らせる中篇小説。百年前、「写真花嫁」として渡米した娘たちは、何を夢みてい... 続き

コメント

写真だけを頼りに新世界アメリカに旅立った日本人の「写真花嫁」たち。
彼女たちを待っていたのは、写真とは似ても似つかぬ花婿や、約束された住まいや仕事とはかけ離れた過酷な境遇、そして差別。
懐かしい故郷、母の元には、帰ろうにも帰れない。
ここで生きて行くしかないという諦めと覚悟を、今度は戦争が引き裂く。

一人称複数の「わたしたち」だけで書かれた物語に、ただただ圧倒される。
まるで詩のように、心地よく、さざ波のように繰り返すたくさんの「わたしたち」。
かつて確かに存在した私の同胞たち。
その手を取って慰めてあげたい同志たち。

最後に、日本人花嫁たちだけでない別の「わたしたち」が語り手となり、気づく。
世界はたくさんのたくさんの異なる「わたしたち」で出来ている。
どれもかけがえのない大切な「わたしたち」で。

その他のコメント

「写真花嫁」と呼ばれた少女たちを待ち受けていたのは、アメリカでの幸せな結婚生活ではなかった。奴隷のような過酷な労働を強いられ、日本に帰りたくても金は無く、差別や暴力に耐え、順応するしかなかった。
何人もの少女たちの苦しみが次々と語られ、その小さな囁きが重なり合い、合唱のように奏でられる。それはあまりにも静かで美しく、残酷な実話だ。

小説でありながら、無数の囁きが束ねられた「わたしたち」の祈りであり、歴史であり、詩である。

読者

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98699b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa5b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f794ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756 10人

文芸

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

文化部活モノ。頑張る女子高生とイケメンの転校生が目指す、生け花の全国大会。チョット変わった競技です。 明るく清々しく、初々しい。 一体どうやって、二人が強豪校と立ち向かうのか!ワクワクしながら読んでいけます。 「奥州ぼろ鳶組」のファンならば、ニヤニヤしながら読んでください。笑

約3時間前

盲目的な恋と友情

盲目的な恋と友情

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

女性を主人公に描いてるけども、男性だって読むべきだ。自分以外の立場のいろんな気持ちに、気持ち悪いくらい触れさせられる。あーわかるって思う。

約20時間前

6c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c8956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69Icon user placeholder 68