51sa  0xeul

神紅大学ミステリ愛好会に所属する葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究会の夏合宿に興味を抱き、同じ大学に在席する美貌の探偵、剣崎比留子と共に紫静荘を... 続き

コメント

ライトノベルみたいだなあと、思いつつ。
本筋以外のところがもう少し膨らんでも良かったのにな〜な気持ち。
クローズドを作るアイデアはありそうでなかった感じで新鮮だった。

序盤、私はなんのジャンルの本を読んでたっけ?ってなる
でも意外としっかりミステリー
面白かったです◎

一気読みしてしまいました。

スマホがある現在において、どうやってクローズドサークルものをやるのかなと思いましたが、
まさかの展開でした。

このミス大賞とのことで衝動買い。久々のハードカバーでいつ読み終わるかなと思ってましたがスラスラと読了。とても面白かったです。最初から殺される雰囲気たっぷりな人と別荘での合宿。そりゃ探偵も来るだろと思ってたら…こんなクローズドサークルもあるんだーと初体験でした。
正義と悪には人毎に基準があり、どの状況下でも根本的に揺るがない。自分ならあの状況で自分を貫けるのかなぁ。

絶句。いろんな要素てんこ盛り。でも、筋が通ってて、イッキ読み。まさかの展開続きで、意外性もてんこ盛り。でも、ちゃんとしたミステリー。しばらく経ってから、また読みたいです。

全く予想だにしない展開に驚愕。
"あれ"をクローズドサークルにもトリックにも取り入れるなんて、新しいですね。

「え?なんで!!」「ええーーこの展開って!!」と、一人で奇声を発してました。トリックとは別に驚いてしまった。トリックも綺麗に回収してありました。
犯人探しより、○○○の方が衝撃的で!!こんな合わせ技、狡いです。シリーズになって欲しいですが、今回の状況を越える密室環境は無いだろうから、難しいかなあ。

まさかのあれが出てきてちょっと笑った。「あれ?こういう系のお話なの?」って笑
でも、最終的にはちゃんとしたミステリーになっていたし、トリックも年密に練られていたしとても面白いミステリー作品だと思う

読み進めるとしっかりとしたミステリーでした。

中盤から一気に引き込まれた。
突飛なアイデアによる環境設定とフーダニット・ハウダニット・ホワイダニットを全て繋いでいく推理過程の切れ味が凄い。

面白かった!読み終わってわかる、皆さんのコメントの意味。話の展開が予想外で「え?ミステリーじゃないの?」と驚きましたが、読み進めるうちに「そういう事か〜!」と感嘆。この設定の組み合わせはすごい。伏線も見事に回収。ミステリーとしても、物語としても素晴らしい一冊でした。

これは新しい。面白い。
だって“アレ”なんだもんなぁ

個人的には“アレ”側の人たちがもっと絡んできてほしかったかなぁ、とか思ったり。

学園探偵小説のようなの、ほほんとした始まりから、いきなり怒涛のように転がり始める展開に耐えきれず一気読み。。。
軽い気持ちでピクニックに出かけたつもりが、気がつけば、樹海に迷い込んでて、猛吹雪で遭難みたいな感じ。

このストーリー展開は圧巻。。。

ゾンビとクローズドサークルの融合。
メインキャラの1人が早々に亡くなるという発想は凄い。
所々入ってくるモノローグが、犯人のものと主人公のものとが入り乱れているところが読者を攪乱するのにちょうど良い。
サクッと読み進められるが、話としては重め。

発想がすごい。
一気読みでした。

読者

655c7f25 7ac7 4dd6 8c96 008ed7dd3fe8Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Icon user placeholder220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef422f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7Icon user placeholderIcon user placeholder 86人

今村昌弘の本

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

Icon user placeholder

csd138

主にミステリー小説読みます

ミステリーにゾンビの要素が入ってきた奇想天外な物語。 これまで読んできたミステリー小説のイメージでは、現実に近い世界での殺人や動機、方法で行うと思っていた。 しかし、ウイルスによるゾンビ化。主要人物の突然死。本当に読むのが止まらなくなった。 ミステリーに新たな価値を付加してくれた素晴らしい作品だと思う。

23日前