51sa  0xeul

神紅大学ミステリ愛好会に所属する葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究会の夏合宿に興味を抱き、同じ大学に在席する美貌の探偵、剣崎比留子と共に紫静荘を... 続き

コメント

ライトノベルみたいだなあと、思いつつ。
本筋以外のところがもう少し膨らんでも良かったのにな〜な気持ち。
クローズドを作るアイデアはありそうでなかった感じで新鮮だった。

読み進めるとしっかりとしたミステリーでした。

中盤から一気に引き込まれた。
突飛なアイデアによる環境設定とフーダニット・ハウダニット・ホワイダニットを全て繋いでいく推理過程の切れ味が凄い。

序盤、私はなんのジャンルの本を読んでたっけ?ってなる
でも意外としっかりミステリー
面白かったです◎

これは新しい。面白い。
だって“アレ”なんだもんなぁ

個人的には“アレ”側の人たちがもっと絡んできてほしかったかなぁ、とか思ったり。

学園探偵小説のようなの、ほほんとした始まりから、いきなり怒涛のように転がり始める展開に耐えきれず一気読み。。。
軽い気持ちでピクニックに出かけたつもりが、気がつけば、樹海に迷い込んでて、猛吹雪で遭難みたいな感じ。

このストーリー展開は圧巻。。。

このミス大賞とのことで衝動買い。久々のハードカバーでいつ読み終わるかなと思ってましたがスラスラと読了。とても面白かったです。最初から殺される雰囲気たっぷりな人と別荘での合宿。そりゃ探偵も来るだろと思ってたら…こんなクローズドサークルもあるんだーと初体験でした。
正義と悪には人毎に基準があり、どの状況下でも根本的に揺るがない。自分ならあの状況で自分を貫けるのかなぁ。

絶句。いろんな要素てんこ盛り。でも、筋が通ってて、イッキ読み。まさかの展開続きで、意外性もてんこ盛り。でも、ちゃんとしたミステリー。しばらく経ってから、また読みたいです。

全く予想だにしない展開に驚愕。
"あれ"をクローズドサークルにもトリックにも取り入れるなんて、新しいですね。

発想がすごい。
一気読みでした。

「え?なんで!!」「ええーーこの展開って!!」と、一人で奇声を発してました。トリックとは別に驚いてしまった。トリックも綺麗に回収してありました。
犯人探しより、○○○の方が衝撃的で!!こんな合わせ技、狡いです。シリーズになって欲しいですが、今回の状況を越える密室環境は無いだろうから、難しいかなあ。

まさかのあれが出てきてちょっと笑った。「あれ?こういう系のお話なの?」って笑
でも、最終的にはちゃんとしたミステリーになっていたし、トリックも年密に練られていたしとても面白いミステリー作品だと思う

読者

6fa64300 072b 45c3 8650 26d80c944a27425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06dIcon user placeholderB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fDc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0d66eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3eBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa137f3507f 1cdc 49ce 8cd9 9b6d71a1732b 63人

文学

舞台

舞台

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

自意識が過剰でいつも自分を監視するように生きる葉太。読むこちらも苦しくなるけど、葉太みたいな人には楽になって欲しいと思う一方、彼みたいなひとがいるから、世界は最悪じゃないのかと。誰言われたわけではなく、自分の気持ちで景色が変わる、という西さんの言葉が良かった。2018.7

1日前

37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feIcon user placeholderDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 51
紅霞後宮物語 第八幕

紅霞後宮物語 第八幕

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

これで第一部が終了だそうです。 小玉の大切なひとたちが何人も亡くなり、文林の周りがだいぶ整理された感がある終わり方でした。 最後の最後に亡くなる彼女のことは、辛いですね。いろんな人がいなくなっていった中でもとりわけ。

1日前

きんじよ

きんじよ

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869

Shota Takai

文学、アート、技術関連を中心に本…

京都に住んだことがあって同じぐらいの子どもがいる自分にとってはすごいリアルで生活の感じと日々の喜びを自分のことのように感じられて京都に帰りたくなった

2日前