51sa  0xeul

神紅大学ミステリ愛好会に所属する葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究会の夏合宿に興味を抱き、同じ大学に在席する美貌の探偵、剣崎比留子と共に紫静荘を... 続き

コメント

絶句。いろんな要素てんこ盛り。でも、筋が通ってて、イッキ読み。まさかの展開続きで、意外性もてんこ盛り。でも、ちゃんとしたミステリー。しばらく経ってから、また読みたいです。

その他のコメント

ライトノベルみたいだなあと、思いつつ。
本筋以外のところがもう少し膨らんでも良かったのにな〜な気持ち。
クローズドを作るアイデアはありそうでなかった感じで新鮮だった。

序盤、私はなんのジャンルの本を読んでたっけ?ってなる
でも意外としっかりミステリー
面白かったです◎

読者

8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c4453543cd2301 73ee 4a45 9956 1991e442db25C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6E8f6f990 2154 4f99 807c 6f9938ae82114ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb80824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c19bed34b2 4075 4bde 956d 4dab1cc8249e 113人

今村昌弘の本

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

Icon user placeholder

csd138

主にミステリー小説読みます

ミステリーにゾンビの要素が入ってきた奇想天外な物語。 これまで読んできたミステリー小説のイメージでは、現実に近い世界での殺人や動機、方法で行うと思っていた。 しかし、ウイルスによるゾンビ化。主要人物の突然死。本当に読むのが止まらなくなった。 ミステリーに新たな価値を付加してくれた素晴らしい作品だと思う。

4か月前