51sa  0xeul

神紅大学ミステリ愛好会に所属する葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究会の夏合宿に興味を抱き、同じ大学に在席する美貌の探偵、剣崎比留子と共に紫静荘を... 続き

コメント

「え?なんで!!」「ええーーこの展開って!!」と、一人で奇声を発してました。トリックとは別に驚いてしまった。トリックも綺麗に回収してありました。
犯人探しより、○○○の方が衝撃的で!!こんな合わせ技、狡いです。シリーズになって欲しいですが、今回の状況を越える密室環境は無いだろうから、難しいかなあ。

その他のコメント

ライトノベルみたいだなあと、思いつつ。
本筋以外のところがもう少し膨らんでも良かったのにな〜な気持ち。
クローズドを作るアイデアはありそうでなかった感じで新鮮だった。

序盤、私はなんのジャンルの本を読んでたっけ?ってなる
でも意外としっかりミステリー
面白かったです◎

読者

9bed34b2 4075 4bde 956d 4dab1cc8249eIcon user placeholderC2f44364 e8e0 4404 9405 d18c374043479bd55003 c6a9 4d11 b25d 252e03cd88a4E2e9bee1 56f2 4e81 a63d 5cafce33af1b7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c55490b288 b2fe 4271 afcf 6e4827f34703733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 106人

今村昌弘の本

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

Icon user placeholder

csd138

主にミステリー小説読みます

ミステリーにゾンビの要素が入ってきた奇想天外な物語。 これまで読んできたミステリー小説のイメージでは、現実に近い世界での殺人や動機、方法で行うと思っていた。 しかし、ウイルスによるゾンビ化。主要人物の突然死。本当に読むのが止まらなくなった。 ミステリーに新たな価値を付加してくれた素晴らしい作品だと思う。

3か月前