51r%2bnry76jl

修平がふと目を覚ますと、そこは山手線電車の中。左には見知らぬ女性。2人は手錠でつながれており、首にはタイマーつきの時限爆弾が仕掛けられていた。通報すれば人... 続き

コメント

最後は流石ですね。スラスラ読めますよ

読者

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

文学

ほかならぬ人へ

ほかならぬ人へ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「ほかならぬ人へ」他一編。 人それぞれに愛は違うのだと思うと、愛の定義など無いに等しい。近道なんて絶対なくて、道を迷わせるのは「愛」だ。面倒臭くて悲しい。

約10時間前