41ocxr0jyfl

中学二年生の淑子は、市営斎場の真ん前に建つ祖父母の店の手伝いをつづけていた。ある日、父親の中学時代の同級生が急死、クラスで一番うるさい男子も暴走族の親戚が... 続き

コメント

何故しったふうな口をきいてはいけないか。

冷たく見える態度には、深い深い思いやりが隠されてるけど。少しは説明しないと相手も辛いとか。

居ると言うことを実感しないと居なくなる事は解らないとか。

ズシリと大事なことを教えてくれる。
一つ一つの話は短いから辛くなりすぎず、重くなり過ぎず読めて良い。

その他のコメント

何はともあれ、熱っ熱の、お出汁の効いたおうどんが食べたくなります。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6Fa6d8e33 5339 41ed 95ba f0c688dbca264fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73 7人

重松清の本

どんまい

どんまい

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一人一人が人生の主人公であることを思い出させてくれた。 洋子のもと夫は許せないけれど。

3か月前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d93c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
きみの友だち

きみの友だち

67ef9872 8f01 4ff3 a118 8f44c49b5d2e

nancy705

あまりにも本を読んでこなかったの…

1話1話大事に丁寧に心をフラットにして読みました。この年頃、自分のあの頃がリンクする。目の前の事しかみえなくて、ちっぽけなことを精一杯悩んで。わけもわからずイライラして。友達とのいざこざは形は変われど今も昔も変わらない。そしていつか人は成長する。誰もが通ってるんだよこの時間。大人になっても忘れないでって怒ってばかりの大人に言いたい。

4か月前