41ocxr0jyfl

中学二年生の淑子は、市営斎場の真ん前に建つ祖父母の店の手伝いをつづけていた。ある日、父親の中学時代の同級生が急死、クラスで一番うるさい男子も暴走族の親戚が... 続き

コメント

何故しったふうな口をきいてはいけないか。

冷たく見える態度には、深い深い思いやりが隠されてるけど。少しは説明しないと相手も辛いとか。

居ると言うことを実感しないと居なくなる事は解らないとか。

ズシリと大事なことを教えてくれる。
一つ一つの話は短いから辛くなりすぎず、重くなり過ぎず読めて良い。

その他のコメント

何はともあれ、熱っ熱の、お出汁の効いたおうどんが食べたくなります。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6Fa6d8e33 5339 41ed 95ba f0c688dbca264fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73 7人

重松清の本

送り火

送り火

Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871

なるぴ

29歳の男です。

たまに思い出すんだけど、重松清の 送り火 って本がすげえ泣けたんだ。短編集で、中でも遊園地で親の写真撮るシーンがあってそれを思い出すたび泣きそうになる。今も。 いつも主人公のことを撮ってくれた両親。普段撮ってばかりだから撮られる側になると写り方も慣れてなくてぎこちないんだけど、でも楽しそうにしていて、写真も忘れてはしゃいでる、そんな姿を目に焼き付ける。 自分だと恥ずかしくて中々…… 時間があるうちに記憶に焼き付けとかないとだめだな。 親とはうまくしゃべれないし変な力が入ってしまう。いつもイライラしてしまう。だけど親に嫌われたいのかといったらそんなことなくて、だからやっぱり親のことは好きなんだと思っている。

約2か月前

533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bC8ceef1d b65b 4bc4 ab62 7242670cb8de5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 8
疾走

疾走

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0072 2018/10/19読了 上巻だけでもう人生のどん底…。暗い…重い…。 家族や周りが崩壊して、ついに自分も崩壊したシュウジがこれからどうなっていくのか…下巻を読むのが楽しみだけど怖い…。

5か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e18b38e142 d5a0 4671 b36a 5286c2c0394aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 31