61fo0iz13tl

直木賞受賞、第一作 待望の書き下ろし長編 母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。 美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。 父のロハス... 続き

コメント

人との繋がり方、関わり方。
島っていう小さな中で自分だったらと考えさせられる。。

表紙を見て、自分の好きな青春系の本だ!と買ってはみたものの、辻村さんがふつーの青春小説を書くわけもなく、いい意味で裏切られました。
この本を読む前に、移住や地方創生について興味を持つ機会があったので運命的な出会いでした。
島でのリアルな生活、良くも悪くも描かれていますが、人とのつながり・絆が地方創生につながる1番のポイントなのかなと素人ながらに思いました。決して、青春!って感じの小説ではありませんが
いろいろ考えさせられ、最後にはほっこりする、そんな本です。

自分との接点ゼロのティーンエイジャーの表紙でいわゆる青春モノか?!と思ったけど、人気のある作家さんだし、何やら瀬戸内海の島が舞台ということで、読んでみた。

元々の住民、Iターンと呼ばれる移住者、コミュニティデザイナーを軸に島での出来事が人とのつながりを中心に展開されていく。

移住に興味があるので雑誌やウェブで各移住者の暮らしぶりや移住理由を目にすることは比較的あるけど、それを受け入れる側の視点からはあまり知ることはできないので、そこは面白かったし、取材して、一部の島では現存なんだろうなと思われる兄弟制度、網元制度独特の文化慣習、いかにもありそうな村長との癒着事情も興味深かった。

少し長くて途中で飽きてしまったのと、全員が善人ばかりでパンチがなかったかな。

やっぱ辻村にキズナ系は向いてる!
また誰かさんの大活躍も感動した!

☆5つ。一気読みしてしまった。そして海が見たくなった。これは映像化されそうだなあ。

四人の未来に乾杯したくなった。

読者

Icon user placeholderF6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c510fc288 8e1b 40bd b2c8 61268d6ff97bEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf193879de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9Ef93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070ae 26人

辻村深月の本

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2

やまき

主婦です。

初めから、終わりまで貫くテーマは「母と、娘。」主人公は実母を殺害して逃げ続けている親友を探す為に友人や関係者に話を聞く。それとともにライターとして赤ちゃんポストの存続について取材を進めるが、その二つが重なった時、事件の切ない理由が白日の下に晒される。私は母に与えてもらった愛情の何分の一かは返せているのだろうか。

17日前

Icon user placeholder0389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150f61ec2bc0 997b 4e41 bfd2 e0819b8cf1b4
噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

たしかに、噛み合わない会話だ。 多分どんなに言葉を尽くしても、交わる事はない。 「イジメ」とかでは、言い表せないな。人間の性(さが)だけど、人間ならば考えようよ。と思う事柄。 「気がつかない、自覚がない」と言うのは怖い。 傷ついた人達は、思うのだろう。ただ、知ってほしいと。無かったことになっている事実に、気づいて欲しかったと。 発言した人達はスッキリしたかな?しないんじゃないかな?出来れば、関わりたく無いくらい嫌いなはずだから。変な偶然で交わった線は、イヤーな交差点だ。 人は世界中から愛されたりしない。よくよく傲慢にならない事だ。過去も振り返って。。 なんか、お腹の中が重いよ。

20日前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5 76
オーダーメイド殺人クラブ

オーダーメイド殺人クラブ

Bb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3

あんこや堂

32歳。3児の母。

はじめての辻村深月さん。中二の多感な複雑な時期のリアルさがじわじわと感じられて、ぐいぐい読み進めてしまった。どうなるんだ?どうなるんだ?と。結果的に1番いい結末だったとも思う。

5か月前

Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc88f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa