Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51jvpds6v%2bl

【文学/日本文学小説】慶長5年9月15日、関ケ原──。家康本陣めがけて、島津義弘率いる1500の軍勢が駆け抜けた! やがて改易を狙う徳川方と本領安堵を図る... 続き

コメント

島津家は関ヶ原では西軍についたのに、戦後は何故か本領安堵。異例中の異例の論功行賞を勝ち取るまでの、凄惨な顛末を描いた作品。

関ヶ原合戦の掉尾を飾る「島津の退き口」はよく、マンガや小説で描かれるけど、その先の島津が戦後をどう生き延びたのかは、あまり描かれない。
あの時期の島津家独特の三頭体制、義久、義弘、忠恒が、いかに冷酷に判断して家を守ったのか、その辺りがよく描かれていて面白い。

読者

39d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f46660729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

文学

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

考えてみれば、これまでも人類は数々の試練を乗り越えてきたわけで、現代が最良の状態とは言えないまでも、少なくともこの地球上ではあらゆる種をさしおいて我が物顔に闊歩している。たぶん、大いなる勘違いをしながら。 そんな人類に警鐘を鳴らすかのように、人類に危機が迫る小説はいくつかある。ある時は、地球外生命の到来。ある時は、突然変異による新人類の登場。 この小説では、人間が作為的に人間を進化させ、人類のさらなる飛躍を画策する。そのようにして作られた人間(?)が与えられた超人的な能力で自らの運命に立ち向かう。

約3時間前

カンナ 出雲の顕在

カンナ 出雲の顕在

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

このシリーズは展開がすごいというか、もう何でもありというか、今作は怒涛の展開でした。「え?そんな感じ?」ということもありますが、歴史ミステリーの蘊蓄と、風呂敷の畳み方が気になるので、楽しく読んでいます。とうとう次回は最終巻!

1日前