Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51jvpds6v%2bl

【文学/日本文学小説】慶長5年9月15日、関ケ原──。家康本陣めがけて、島津義弘率いる1500の軍勢が駆け抜けた! やがて改易を狙う徳川方と本領安堵を図る... 続き

コメント

島津家は関ヶ原では西軍についたのに、戦後は何故か本領安堵。異例中の異例の論功行賞を勝ち取るまでの、凄惨な顛末を描いた作品。

関ヶ原合戦の掉尾を飾る「島津の退き口」はよく、マンガや小説で描かれるけど、その先の島津が戦後をどう生き延びたのかは、あまり描かれない。
あの時期の島津家独特の三頭体制、義久、義弘、忠恒が、いかに冷酷に判断して家を守ったのか、その辺りがよく描かれていて面白い。

読者

39d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f46660729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

文学

51gfhqevual

突変 森岡浩之

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

地球の一部が異世界に突然変異してしまう。突然変異が大地震と同じような被災として描かれ、突然変異した人々の3日間が描かれている。パニックSFというほどパニックしてる感じではなく、実際に突然変異したら、こーゆー感じになるのかな、という印象。興味深い作品でした。

2日前

51e8gmsyxel

悪と仮面のルール 中村文則

C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e

りほ

たまに本を読みます

悪と仮面のルール 伊藤 親戚 何もかも憂鬱なよるに 病んだ犯罪者 倫理や道徳や常識から遠く離れれば、この世界は、全く違うものとして俺達の前に現れるんだよ。まるで、何かのサービスのように。 遮光でもあったけれど、最初に語った将来の夢を最後にもう一度語るシーンが特に素晴らしかった。

3日前

61p5q5jwaal

黄金の烏 阿部智里

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

不可解で、気持ちの悪い事件が立て続けに起こり、一度に謎が解かれた後に残る遣る瀬無さや後味の悪さ。それこそが奈月彦の運命を暗示しているようで…(本当のところはどうなんだろう…) 真の金烏とは何か、それが奈月彦の口で語られたあとで私が感じたのは、奈月彦のことを奈月彦以上に理解している、あるいは理解しようとしている人たちがそばにいることの意味と大きさだった。 全てではなくてもたくさんの部分を飲み込んでいる浜木綿がいる。わかっているからこそ全てを弟のために捧げようと思っている長束がいる。澄尾がいる。 その列に雪哉が加わる。加わるために歩き出す。 最初から最後まで一本筋が通っていて馬鹿正直なくらい真っ直ぐな雪哉が奈月彦にとって大きな力になるのだろうことが、嬉しくて楽しみで。

3日前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f976aebaf fd11 47d5 b065 c39dd192a259B610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a4